« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ノエルをばはじめに[聖歌127] 

Merry_christmas

  

みんさん!クリスマスシーズンいかがお過ごしですか?
クリスマスまでの4週間は「アドベント」と言って
キリストの降誕を待ち望む期間です。

クリスマスソングも耳にする機会があるのではないでしょうか?

そこで、今日は。。。

『ノエルをばはじめに』
という聖歌をご紹介します。
CMでも流れていたことがあるので
メロディーを口ずさめる方もおられるのではないかと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『ノエルをばはじめに』[聖歌127]

1 ノエルをば 初めに 歌いしは誰(たれ)ぞ
  野にある 貧しき 羊飼いなりき

 ノエル ノエル ノエル ノエル
 主はあもりませり

2 彼らは 仰ぎぬ 東の空より
  夜ごとに 近づく ひとつの明星(あかぼし)

 ノエル ノエル ノエル ノエル
 主はあもりませり

3 博士ら 星をば 認めて思いぬ
 「世界の 君こそ 生まれしならめ」と

 ノエル ノエル ノエル ノエル
 主はあもりませり

4 奇(く)しきは この星 東の博士を
  主イエスの 産屋(うぶや)に 導きいたれり

 ノエル ノエル ノエル ノエル
 主はあもりませり

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 
本物のクリスマスを是非教会で過ごしてくださいね!
お待ちしています♪

 

2011年11月29日 (火)

南紀リバーサイドチャーチ

Photo

  

私たちの仲間の教会
南紀リバーサイドチャーチをご紹介します。

先週の水曜日に、
南紀から寺田文雄先生と里美先生が
大津の教会を訪れてくださいました。

寺田先生には石山のビルをお借りして礼拝を捧げていた時から
10年以上続けて来ていただき
私たちの教会を励まし、また建て上げてくださいました。
本当に感謝します。

そして、先生方をはじめ、南紀のメンバーの方々が
随分長く私たちの教会のために祈ってくださっています。

たくさんの方々の祈りに支えられて
今、私たちはイエスさまと歩む人生を個々人、そして教会としても
喜び楽しみ、新しい地に踏み出している事を
心から感謝します。

  

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

南紀リバーサイドチャーチ

〒649-4122
和歌山県東牟婁郡串本町西向354

電話:0735-72-2600

HP:http://www.nanki.org/

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

  
南紀リバーサイドチャーチは、
ちょうど大津の教会から真南に約200km
本州最南端、和歌山県串本町にある、
喜びあふれた明るいキリスト教会です。

是非、お近くの方は訪れてみてくださいね!

2011年11月28日 (月)

いのちがけの約束

聖書:旧約聖書 創世記15章7~21節 
説教タイトル:「いのちがけの約束―アブラハム⑦」

・神さまは、ご自分がアブラムにとって最も近い神さまであることを語られました。
神さまはアブラムを罪の中から救い出して下さいました。
それだけでなく、祝福の中に導いて下さいました。
神さまは私たちをも高慢、自己中心の罪から救い出して下さいました。
そのことを感謝しましょう。
そして祝福される人生、人を祝福することができる人生に導いて下さっています。

・神さまはアブラムのために契約を結ばれました。
それは契約を破った場合、引き裂かれてもよいと表明するほど、はっきりとした契約でした。
イエスさまの十字架はまさしく、神さまのいのちがけの約束なのです。

・アブラムは、自分の子孫が400年間奴隷として苦しむことを知らされました。
でもその後には神さまの祝福があると約束があります。
私たちも困難や苦しみの先に、神さまの約束が実現する日がやってきます。
その日を待ち望みましょう。

Jesus

神さまは、私たちをとっても愛するがあまり
罪や傲慢、自己中心のために滅んでも仕方ない私たちのために
イエスさまが十字架にかかって死んでくださり、
墓に葬られ、
三日目によみがえってくださいました。

これほどまでの愛は他にありません。

みなさんの心に今日も神さまの愛が届きますように。

2011年11月27日 (日)

神によって創造された人間【4】

キリスト教基礎コース、「神によって創造された人間」シリーズファイナルです!

3 人間の尊厳

「人間は尊い」と多くの人が言いますが、
その根拠はどこにあるのでしょうか。
私たちは、なぜ自分に価値を置くことができるのでしょうか。
大抵の人は、なにかができるからという理由で、
自分に自信をもっているものです。

1

DOING(できること)に価値を置く人がほとんどです。
私は良い会社に入っている、私はいい生活をしている、
私の子どもは出来がいい、私は美しい、私は財産を持っている、
私は上手に仕事ができる、私は人から認められている、私は健康である、など。
その人にくっついている外側の条件のようなものです。
これらの条件を集めて、「私は大丈夫」と思っている人が多いのです。

BEING(存在そのまま)の価値というのがあります。
「私はいるだけで価値がある」という感覚を強く持っている人は、
DOINGの価値があまりなくても、
しっかりと幸福感をもつことができます。

ではどうすればBEINGの価値を強くもつことができるのでしょうか。

DOINGは、人と比べることができるものですが、
BEINGは、人と比べられないものです。

自分のBEINGの価値をしっかり持っていない人は、
いつも他の人と比べて、より多くのDOINGを集めることで
自分の価値を保とうとします。
DOINGがないと、自分の価値を支える根拠を失うので、
不安になります。
そして、より多くのDOINGにしがみつかずにはおれないのです。
自分の価値も人の価値も、その人が何を持っているか、
何ができるか、どういうステイタスにいるかということで
決めていくことになります。

しかし、DOINGは、いつも保障されているとは限らないものです。
会社は潰れるかもしれず、財産は失うかもしれず、
突然の事故や病気で体が不自由になれば仕事はできなくなります。
そういう不安定なもので自分の価値を支えようとしている限り、
私たちの人生にはいつも不安が付きまといます。
それを失わないために必死にならなければなりません。

それに対して、自分のBEINGの価値をしっかり知っている人は、
何ができなくても、自分の存在を価値あるものとして、
受け入れることができます。
人間にとって本当に必要なものは、絶対的な受容感です。

「私はそのままで受け入れられている」

という絶対的な自信が、その人に精神的安定と、
状況によって揺るがされない安定した幸福感を持たせるのです。

●人間が神によって創造されたという考え方は、
 このBEINGの部分に絶対的な価値を与えます。

2

自分はなぜここに存在しているのか、
それはたまたまではなく、無意味なことでもないのです。
神があなたが生まれる前から、あなたを造ることを計画して、
あなたの存在を愛して、目的と期待をもって
この世に誕生させておられるのです。
あなたは、神が強い意志をもってあなたを望まれたからこそ、
この世に存在しているのです。

自分の存在に神の意志があることを知っている人は、
非常に強いBEINGの価値を持ちます。
それはこの世界の創造者によって保障されている価値であって、
他の誰も奪うことができません。
たとえあなたの親が「お前なんかほしくなかった」と言ったとしても、
あなたの存在価値は揺るぎません。
世界の創造者があなたにいてほしいと思っておられるから
あなたは生まれてきたのです。

神が創造されたからには、全ての人が、
平等な絶対的な価値を持っています。
能力があるないに関わらず、
健康であろうと障害があろうと、
その人の価値は認められなければなりません。

Jesus_loves_you_3

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ43:4)

神さまの愛を受け取ることが出来るように祈りましょう!

次回のキリスト教基礎コースは、創造論についてです。
お楽しみに♪

2011年11月26日 (土)

神によって創造された人間【3】

前回の続きです!

 

2 人間の構成

聖書から人間は、霊、魂、肉体からできているとわかります。

Photo_9
肉体:可視。物質。
魂・霊:不可視。非物質。

人間は、霊や魂だけの存在でも、
肉体だけの存在でもありません。
霊、魂、肉体を統一して人間なのです。
聖書は、霊や魂と、肉体は深く関わっていて、
お互いに影響を受けるものであると教えます。
人は気が滅入ると病気になりやすいですし、
体を過度に酷使すると精神的な病気になります。
心と体には深いつながりがあるのです。

私たちは、霊や魂のことも、肉体のことも、
両方軽んじることなく、大切にすべきです。

次回は、必見です!
人間の尊厳についてみていきます。
期待してくださいね!

  

2011年11月25日 (金)

神によって創造された人間【2】

キリスト教基礎コース、「神によって創造された人間」シリーズ第2弾です!

1 神のかたちとは

「われわえに似るように、われわれのかたちに人を造ろう」
神は、「造ろう」とあるように、
人間を意志をもって造られました。
人間は神にとって、実験的にうっかり出来た偶然の産物ではないのです。
人間は、神のかたちに似せて造られたと、
聖書には書かれています。
神は形をもちません。
ですから、このかたちとは物質のことではありません。
この言葉はラテン語では『IMAGO DEI』、
英語に訳すと『image of GOD』。
神のイメージ、神のご性質に似せて造られているという意味です。

   

人間に与えられた「神のかたち」

 

 
●霊をもち、神と交わりをもつ●

神が「その鼻にいのちの息を吹き込まれた。」
とあるのは、人間が神の息「霊」を与えられているという意味です。
霊というと日本人は幽霊のような不気味なイメージをもちやすいのですが、
聖書でいう霊とは、
人間が神と交わりをもつ部分のことです。
人間が神を礼拝し、祈りをするのは、
人間が霊的存在であるからです。
霊を持っているということは、人間が他の動物と違う大きな特徴です。
神は人間を愛し、ご自身と自由に交わりをもてるように、
霊を与えられました。 

 

●自由意志と道徳性をもつ●

神は人間をロボットとして造られたのではありません。
善いと思うことをするために、
自分で考え、自分で判断し、行動する自由意志を備えられたのです。
これがあって初めて、人格をもっているといえるのです。

 
●人間同士愛の交わりをもつ●

人間が「男と女に」造られたのは、
神が人間に互いに交わりをもって生きていくようにされたからです。
人は全く一人で生きることはできません。
そのように造られていないのです。
神ご自身も、「われわれに似せて」とあるように、
ご自身のうちに三位一体の交わりをもっておられます。
世界が創造される前から、
「愛し、信頼する関係」というものが、
神ご自身のうちにすでに存在していました。
神は創造の際に、そのような交わりを、
人間同士の間にも持つように、願って造られたのです。

 

●世界を正しく治める●

神が人間に、この世界を正しく管理するように、
治める権威を与えられました。
人間が神のかたちに造られたとは、
神がこの世界を人間が正しく管理するように
任せておられるという意味でもあります。

Jesus_loves_you_2

しかし・・・!

神は、そもそも人間に、以上のような
「神のかたち」を与えて造られました。
しかし、現実の私たちを見るときに、
上の全ての性質が損なわれていることを知ることができます。

私たちは自分で神を正確に知ることができません。
また、善いことと悪いことが正しく判断できません。
善いと思うことをいつもすることができません。
自由を放縦とはき違え、自分勝手に生きていることがあります。

また、本来愛の交わりをもつように造られているのに、
人間社会には憎しみや誤解や怒り、暴力、殺人のようなことが絶えません。

また、この世界を任されていても、私たちの地球環境を見たときに、
これが正しく管理された結果であるとは考えられません。

なぜ、このようなことになっているのか、
聖書はその問題にも答えをくれます。
また、後に進むにつれて詳しく触れたいと思います。

次回は、人間の構成についてみていきます。
お楽しみに♪

 

2011年11月24日 (木)

神によって創造された人間【1】

突然ですが。。。

質問です!

1 なぜ人間には価値があるのでしょうか?
2 あなたの人生の目的は何でしょうか?
3 あなたはどんなときに「生かされている」と思いますか?

Photo_7

人間はどこから来たのでしょうか?
この問いに対して、いろいろな考え方があると思います。
聖書はどう答えているのでしょうか。
聖書は、人間は神が創造されたと言っています。

「・・・神である主は、土地のちりで人を形造り、
 その鼻にいのちの息を吹き込まれた。
 そこで、人は、生きものとなった。」(創世記2:7)

「そして神は、
 『われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。
  そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、
  地をはうすべてのものを支配させよう。』と仰せられた。
 神はこのように、人
ご自身のかたち創造された。
 
神のかたち彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」(創世記1:26~27)

「それはあなたが私の内臓を造り、
 母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
 私は感謝します。
 あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。
 私のたましいは、それをよく知っています。
 私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、
 私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。
 あなたの目は胎児の私を見られ、
 あなたの書物にすべてが、書きしるされました。
 私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。」(詩篇139:13~16)

  

Jesus_loves_you

 

今回の「神によって創造された人間」については4回シリーズです。

次回は、神のかたちとはどういうことなのか見ていきましょう!

お楽しみに♪

2011年11月23日 (水)

こどもクリスマス(12/11)

Photo_6

ファイルをダウンロード

  子どもクリスマス

 日 時:2011年12月11日(日) 
      14時30分~16時30分
 会 場:当教会堂

   
今回、初めてお子さんたちと親御さんたちやご家族で
いっしょにクリスマスを祝う時を催すことにしました。
クリスマスの劇を見て、
手作りのクリスマスケーキにチャレンジします。
最後はキャンドル・サービスをします。
(ケーキを作られる方は材料費200円が必要となります)

一人ひとりオリジナルな手作りのクリスマスケーキ!
きっと、思い出に残るクリスマスになると思います。

期待して来て下さいね♪

みなさんのお越しをお待ちしています。

 

2011年11月22日 (火)

聖書に関する聖句

私たちが聖書をどのような本として、
取り扱うべきか、
聖書自体の中にも書かれています。
このことは、私たちが聖書を読むときの大事な原則となります。

  

「聖書は廃棄されるものではありません。」(ヨハネ10:35)

この言葉は、主イエス・キリストご自身が
聖書について言われた証言です。
天地が滅びることがあっても、聖書の約束は変わらない。
神の言葉とはそのようなものであると言われています。

  

「・・・聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、
  ということです。なぜなら、
  預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、
  聖霊に動かされた人たちが、
  神からのことばを語ったのだからです。」(Ⅱペテロ1:20~21)

この聖句は、聖書を読むときの注意事項です。
聖書は、自分勝手に解釈してはいけません。
伝えたいメッセージを正確に受け取れるか否かには、
その人の救いがかかっているからです。
私たちは、聖書の言おうとしていることを
正しく受け取るようにしなければならないのです。
時々ある人々は、自分の信じたいことを先に持っていて、
聖書を利用してその自分なりの宗教観や神のイメージを作り上げた上で
「私は神を信じ、イエスを信じている」と言いますが、
それは間違いです。
勝手な解釈をすると、
思い込みで間違った教えを信じるようになってしまいます。
聖書ではそのような人々を偽教師、異端として
警戒するように勧めています。

  

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、
  教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」(Ⅱテモテ3:16)

聖書は創造主の言葉です。
それで創造主は、自らお造りになった人間が正しく歩めるように
手引書として聖書を下さったのです。
神の霊感によるとは、聖書記者たちがそれを書くときに、
間違いのないように神の霊が自然な形で守られたという意味です。

  

「私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。
  もし、これにつけ加える者があれば、
  神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
  また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、
  神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、
  その人の受ける分を取り除かれる。」(黙示録22:18~19)

これは、聖書の言葉の権威を教えています。
前の自分勝手な解釈を禁じている聖句とも関係しています。
聖書はその内容に付け加えたり、さしひいたりすることを、
厳しく禁じています。
神のメッセージを勝手に人間が変えてしまうことは許されていません。

Photo_5

いかかでしたか?
ここまで、聖書について一緒にみてきました。

そこで。。。

質問タイム!

1 聖書の著者は誰ですか?
2 聖書の記者は誰ですか?
3 聖書は勝手に解釈してもよいですか?
4 聖書の書かれた目的は何ですか?
5 聖書の中心はなんですか?

答えは、今までお伝えしたキリスト教基礎コースの中にあります。
過去の記事を復習してみてくださいね。
また、もっと聖書が知りたいっ!という方は、是非、教会に来てください。

次回からは、数回に分けて、私たち「人間について」みていきます。
きっと、目から鱗な発見があると思います。期待してくださいね!

  

2011年11月21日 (月)

煮込みハンバーグとコンソメスープ&チャイレシピ

日曜日のランチは、
子ども祝福礼拝会だったということで
お子さまランチ風に。。。

煮込みハンバーグとコンソメスープ

Photo

Photo_2

デザートには
あんずのチーズケーキとクランベリーのシフォンケーキが出てきました!
一部ですが、写真でも紹介します。

Tizukeki

ご奉仕してくださったみなさん、
本当に美味しかったです。
いつも、愛情たっぷりのお食事、ありがとうございます。

ワンプレートに盛り付けてあったのは
写真を撮りそびれてしまいました。ごめんなさい。。。

  

今日は、そこで、
美味しいチャイの簡単レシピを
伝授していただいたのでこのブログでもご紹介!

Photo_3

これらのスパイスが入っています。

紅茶はアッサムが適しているようです。

お湯を沸かし
シナモン>ジンジャー>カルダモン
の順に適量をブレンドします。
お好みでペッパーやナツメグも。。。
紅茶の茶葉も入れ
ミルクもたっぷりいれて、さっと煮立てます。
蜂蜜を入れると、とーってもまろやか優しいお味。。。
最後に、茶漉しで余分なものを取り除き

はい!出来上がり♪

みなさんも、お家でチャイ、挑戦してみてくださいね!

2011年11月20日 (日)

ザアカイとイエスさま

日曜日は、子ども祝福礼拝会でした。
子どもたちの元気な賛美に勇気をもらいました。

礼拝メッセージでは、一郎先生が
パワーポイントを駆使して
子どもたちに分かりやすくメッセージしてくださいました。

子どもたちも。。。

「わぁ~!!」

と感動して聴いている様子がとっても可愛かったです。

いつも、最高のメッセージをありがとうございます。

  

今回のメッセージは。。。

ザアカイとイエスさま」(ルカ19章1 ~10節)でした。

19:1 それからイエスは、エリコにはいって、町をお通りになった。
19:2 ここには、ザアカイという人がいたが、
   彼は取税人のかしらで、金持ちであった。
19:3 彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、
   背が低かったので、群衆のために見ることができなかった。
19:4 それで、イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。
   ちょうどイエスがそこを通り過ぎようとしておられたからである。
19:5 イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。
   「ザアカイ。急いで降りて来なさい。
   きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
19:6 ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。
19:7 これを見て、みなは、
   「あの方は罪人のところに行って客となられた。」と言ってつぶやいた。
19:8 ところがザアカイは立って、主に言った。
   「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。
   また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」
19:9 イエスは、彼に言われた。
   「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。
19:10 人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」

Merry

  

大人向けにも語ってくださったメッセージで心に響いた事を少し紹介します。

どうしてザアカイは木にまで登ってイエスさまを見たいと思ったのだろう?
ザアカイは、いろんなプライドや人からどう思われるかという以上に
なんとかして、イエスさまを見たいと思った。

私たちの中には、神さまによってはじめて満たされる願いや欲求がある。
時に、自分に本当に必要なものが何なのか
自分でも言葉で表現しきれない何かが、
私たちの奥深い欲求として存在する。

そんな、私たち自身も知らない私たちの心を
イエスさまは知ってくださっている。

すべての人が持っている願い

・・・他の人から認められ、大切にされたい。・・・

神さまによって、満たされることを知らなかったら
その願いは、行き過ぎたものになって現れる可能性がある。

私たち罪人の姿
自分を正しくコントロールすることが出来ない。

でも、イエスさまは、そんな私たちを知ってくださっていて
私たちの心を満たし変える事がお出来になるお方。
過去の影響から自由にしてくださる。

イエスさまは、あなたの救い主!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あなたの本当の必要を満たしてくださるのはイエスさまです。
このブログを読んでくださっているあなたの心が
神さまの愛で満たされるようにお祈りしています。

2011年11月19日 (土)

『変えられたソング』[永久歌(とわうた)]

GROWING UP(グローイング・アップ) という
クリスチャンアーティストをご存知ですか?

クリスチャンの若者が熱く賛美を捧げています。
中でも、日曜日に賛美の中で歌われていた
『変えられたソング』

「永久歌-towauta-」

GROWING UP 第5弾アルバムに収録されています。

―ぼくらの願いはただひとつ。
 神と永遠に生きること。
 永遠を与えてくれた方に、
 ぼくらは賛美する。永久に。―

5th

『変えられたソング』[永久歌(とわうた)]

私は変えられた 主イエスを知ってから
  愛されている喜びを
どんな時だって イエスはそばにいて
  何度でも教えてくれる

私には主よ ただあなただけ
どこまでだってついてゆく

主は見放さず また見捨てない
イエスはそばにいてくれる

私は変えられた 主イエスの十字架で
  赦されてる喜びを
どんな時だって イエスはそばにいて
  何度でも教えてくれる

私には主よ ただあなただけ
どこまでだってついてゆく

主は見放さず また見捨てない
イエスはそばにいてくれる

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

イエスさまによってあなたの人生は確実に変えられていっています。
まだ目に見えない変化かもしれません。
でも、その小さな変化を大切にしてください。
感謝と賛美を捧げ続けるなら
それは大きな変化であったことがわかります。

あなたに神さまの祝福が豊かにあることを心から祈ります。

2011年11月18日 (金)

聖書そのものの不思議さ【後編】

前回の続きです。

3  預言の成就

聖書の中にはおびただしい数の預言がなされており、
それが歴史の中で成就しています。
それは驚くべきことです。
神は実際の歴史を、それが起こる何千年、何百年も前から
聖書に書かせられたのです。
私たちは今日歴史を調べることで、
預言が実現していることを客観的に実証することができるのです。
特にユダヤ民族についての預言や、
キリストについての預言は詳しく書かれています。

+*+:;;;::;;;:+*+ユダヤ民族についての預言:;;;:+*+:;;;::;;;:+*+

・BC1800年頃から400年間のエジプトでの隷属。
 BC1440年頃モーセによる出エジプトの出来事。
     創世記15:13~14(BC2100年頃預言)

・BC606年、バビロン捕囚。
 BC536年エルサレムへ帰還の出来事。
     イザヤ39:6「捕囚先はバビロン」(BC750年頃預言)
     エレミヤ25:11「期間は70年」(BC600年頃預言)

・AD70年、エルサレムと神殿の崩壊。その後ユダヤ人は世界中に離散。
     申命記28:64~67
     ゼカリヤ7:14(BC32?イエスキリストによる預言)

・AD1948年5月14日 国家再建。
     エゼキエル36:24(BC580年頃預言)
     イザヤ11:12(BC700年頃預言)

:;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;:

ユダヤ民族については、今後のことについても預言されています。
(エルサレムに神殿が再建する。
 世界の軍隊によってイスラエルは踏み荒らされ、
 大迫害を受ける。
 最後には大きく祝福される。など。)

+*+:;;;::;;;:+*+イエス・キリストについての預言+*+:;;;::;;;:+*+

・ユダ族に生まれる。
    創世記49:10(BC2100年)

・ダビデ王の家系に生まれる。
    サムエルⅡ7:12~13(BC1000年)

・全人類の罪の身代わりとなって死ぬ。
    イザヤ53:5~6(BC750年)

・ベツレヘムの町で生まれる。
    ミカ5:2(BC700年)

・からだを釘付けにされる。
    ゼカリヤ12:10(BC500年)

:;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;::;;;:+*++*+:;;;:

 
救い主についての預言は、聖書の中に詳しく書かれています。
彼が生まれることは何千年も前から聖書の中に預言されていました。
(350ほどの預言がある。)
また終わりの世に再び来られることが預言されています。

Photo_6

 
4  内容がかえられていない

私たちが読んでいる聖書は、
弟子たちが読んだものと変わらない内容、
つまりオリジナルをほぼ完璧に再現できているのです。
コピー機がない時代、聖書は人の手で写本されていました。
ユダヤ人にとって聖書は一字たりとも間違えてはならない本だったので、
その写本作業は厳密極まりないものでした。
1947年死海写本の発見で、
その写本の正確さが改めて実証され学者たちを驚かせました。

 

5  主イエス・キリストが、聖書は「神のことば」であると証言しています。

ルカ24:25、マタイ22:43、ヨハネ10:35

後世の人々が、聖書を調べて神の言葉であると考える前から、
イエス・キリストご自身が、
聖書を神の言葉として扱っておられます。

 

6  聖書記者たちが「神のことば」であると証言しています。

Ⅰペテロ1:10~11、Ⅰコリント14:37、黙示録22:18~19、エレミヤ1:9

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いかがですか?

また、機会がありましたら、一度、ここに書き出された御言葉を探してみてくださいね!

次回のキリスト教基礎コースは、聖書に関する聖句を紹介します!

お楽しみに♪

2011年11月17日 (木)

聖書そのものの不思議さ【前編】

キリスト教基礎コース
今回は、聖書そのものの不思議さについてみていきましょう。

Photo_5
1  奇跡的な全体の統一性

聖書は、約40人が、別々の時代に約1600年間に渡って、
いろいろの土地で書いたものを一つにまとめたものです。
にもかかわらず、全体として、完全に統一がとれ、
まるで一人の人が書いたように首尾一貫しています。

 

古い本なのに、現代に通用する。

聖書の一番古い部分で
今から3500年くらい前(BC1500年頃)に書かれており、
これは、日本で最も古い「古事記」や「日本書紀」などが
書かれる2200年も前です。
一番新しい部分でも、今から1900年前(AD100年頃)で、
日本ではまだ弥生時代で歴史らしい記録があまり残っていない時代です。
そんな古い書物が、世界中の思想や価値観に影響を及ぼし、
現代にも通用する普遍的なものであること自体が、
聖書が人類史上非常に優れた書物であることを表しています。

 

長い期間かかって書かれているのに統一されている。

聖書の不思議さは、約1600年もの長期にわたって、
別の時代に別の土地の人々が書いたにもかかわらず、
全体に統一性があったことです。

●最初から最後まで、一つのテーマがある。
 それは、
キリストによる罪のゆるしである
●一人の人(
キリスト)を中心に書かれている。
●互いの書に矛盾がない。
●これらテーマは旧約・新約聖書とも一貫している。

…このような書物は歴史上聖書以外に存在しません。

  

2  聖書に書かれている出来事の真実性

聖書の話を、ただのおとぎ話か神話のように
考えている人もいるかもしれませんが、
考古学の発達により、現在3000以上の聖書に関わる発掘がなされています。
つまり、聖書の中の町や人物は実在していたのです。
聖書の中の出来事は、単なる昔話ではなく、
歴史的な事実であったということが、
考古学の発達によってどんどん明らかにされています。

聖書、知れば知るほど奥が深い。。。次回、後編もお楽しみに♪

2011年11月16日 (水)

Amazing Grace

みなさんも、この歌、メロディーを聴かれたことがあるのではないでしょうか。

『Amazing Grace』

この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、
それにも関わらず赦しを与えた神の愛に対する
感謝が込められているといわれています。

歌詞を紹介します。

『驚くばかりの[Amazing Grace/聖歌229]』

驚くばかりの 恵みなりき

この身の汚れを 知れる我に

恵みはわが身の 恐れを消し

任(まか)する心を 起こさせたり

危険をもわなをも 避け得(え)たるは

恵みの御業と 言うほかなし

御国に着く朝 いよよ高く

恵みのみ神を たたえまつらん

Photo_4

私たちは、神さまの大きな大きな愛の中にいます。
それに気づくとき
本当に驚くばかりの感動が心の奥底から湧き上がってきます。

今日、あなたの心の目が開かれますように。

2011年11月15日 (火)

次回(11/20)は、子ども祝福礼拝会!

11月は、ちまたでは七五三の時期です。
私たちの教会では、
年齢に関係なく子どもたちの成長を喜び祝い、
祝福をお祈りする特別のときを予定しています。
お子さん、お孫さんたちといっしょにおいで下さい。
簡単ですが、記念のお写真をお撮りします。
また、この日は毎月1度続けております
ウェルカム・サービスですので、どなたでもおいでいただけます。
(基本的にいつでもウェルカム体制でお待ちしています!)
礼拝後、ランチをご用意いたします。

第146回ウェルカム・サービス(子ども祝福礼拝会)
●日 時:2011年11月20日(日) 礼拝:午前10時半~  
●場 所:当教会堂

Photo_3

みなさんの心と体が守られ神さまの祝福が豊かにありますように。

2011年11月14日 (月)

空を見上げて新しい地に踏み出す

日曜日の礼拝メッセージの一部を紹介します。

◆説教タイトル:「空を見上げて新しい地に踏み出す  
                       ―アブラハム⑥」

◆聖書:旧約聖書 創世記15章1~6節

15:1 これらの出来事の後、
   主のことばが幻のうちにアブラムに臨み、こう仰せられた。
   「アブラムよ。恐れるな。わたしはあなたの盾である。
   あなたの受ける報いは非常に大きい。」
15:2 そこでアブラムは申し上げた。
   「神、主よ。私に何をお与えになるのですか。
   私にはまだ子がありません。
   私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか。」
15:3 さらに、アブラムは、
   「ご覧ください。あなたが子孫を私に下さらないので、
   私の家の奴隷が、私の跡取りになるでしょう。」と申し上げた。
15:4 すると、主のことばが彼に臨み、こう仰せられた。
   「その者があなたの跡を継いではならない。
   ただ、あなた自身から生まれ出て来る者が、
   あなたの跡を継がなければならない。」
15:5 そして、彼を外に連れ出して仰せられた。
   「さあ、天を見上げなさい。
   星を数えることができるなら、それを数えなさい。」
   さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」
15:6 彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。

Photo_2

・神さまはアブラムに言われました。
「恐れるな。私があなたの盾である。あなたの報いは大きい。」
なぜでしょうか。
このことばこそアブラムの状況にぴったりで彼に必要だったからです。
神さまは、私たちが欠けていること、不足していること、
それらにちょうどよいことを語って私たちを励まして下さいます。

・アブラムは神さまのことばに対して、
率直に自分の不安や疑問をぶつけました。
アブラムは神さまの約束を信じていたので、
その約束を根拠に神さまに祈ることができました。
私たちも神さまの約束を信じて、率直に祈りましょう。

・神さまはアブラムに満天の星を見せて、約束を繰り返されました。
神さまは祈りに応えて下さる方です。
そしてアブラムはこの神さまを信じました。
神さまを信じることこそ、私たちにふさわしい態度、生き方なのです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

教会では、毎週、熱いメッセージを聴くことが出来ます。

私たちの内側を神さまは新しくしたいと願ってくださっています。

みなさんのお越しを心からお待ちしています。

2011年11月13日 (日)

報告♪

先週の東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
たくさんの方々に来ていただきました事を感謝します。
今回の参加者数は約80名でした。

入場料          73000円
募金箱      11244円
バザー売上金   29350円

合計 113594円 を全額
震災被災者を支援する福島県郡山市のNPO団体
『グレースコミュニティーサービス』
に送ります。

グレースコミュニティーサービスにつてはこちらをご覧ください。
http://grace7garden.juno.bindsite.jp/gracecommunity/donate_jpn.html

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°

 

先週来れなくて残念に思ってくださっていた方のために

焼き上がりました!!!

Photo
パインとクリームチーズのシフォンケーキ

Photo_2
紅玉りんごのチーズケーキ

Photo_4

クランベリークッキー

などなど。。。

みなさんのお越しをお待ちしています♪

2011年11月12日 (土)

聖書が世界に及ぼした影響【後編】

前回の続きです!

4  聖書は、民主主義や国々の法律の基礎となっています。
社会、学校、病院の設立など原動力ともなりました。

●十戒の精神(父と母を敬え。
           殺してはならない。
          姦淫してはならない。
          盗んではならない。
          偽証してはならない。
          隣人のものを欲しがってはならない。)
は、法律の基礎となっています。

●また聖書の隣人愛、平等の価値観なども、
福祉、医療などに大きく影響を及ぼしています。

●リンカーンの「人民の、人民による、人民のための政治」という言葉は、
民主主義の基礎となっていますが、
これは実はウィクリフの英語訳聖書の序文から引用したものです。

「聖書は、人民の、人民による、人民のための政治を可能にする」

5  聖書は道徳、倫理的な面では最上、最古のものであり、
各時代、人種、また国別に関係なく通用しています。

山上の説教(右の頬を打たれたら左の頬を。
          情欲を抱いて女を見るものはすでに姦淫を犯している。
          自分の敵を愛しなさい。など)
に書かれている教えは非常に高い倫理観を示しています。

6  聖書は、人の心に教え、慰め、励ましなどの強い影響力を与えてくれます。
それは、多くの偉人を生んだことによってもよくわかります。

ニュートン 「いかなる世界の歴史におけるよりも、
         聖書の中には確かな真理が存する。」

リンカーン「聖書は、神が人間に賜ったもっとも素晴らしい賜物である。
        人間にとって望ましいものはすべて聖書に含まれている。」

ガンジー「私の生涯に最も深い影響を与えた書物は聖書である。」

ゲーテ「私が獄につながれ、ただ一冊の本を持ち込むことを許されるとしたら、
      私は聖書を選ぶ。」

ナポレオン「聖書は単なる書物ではない。
         それに反対するすべてのものを征服する力をもつ生き物である。」
 
ルーズベルト「聖書を教えない単なる教育は、
          無責任な人に鉄砲を渡すようなものである。」

Photo_2

次回のキリスト教基礎コースは、聖書そのものの不思議さについてです。

お楽しみに♪

 

2011年11月11日 (金)

聖書が世界に及ぼした影響【前編】

キリスト教会では聖書を「神のことば」として扱っているのですが、
なぜでしょうか?
改めて客観的に聖書について調べてみると、
やはりこれはただの本ではないということがわかります。

 

1  聖書は世界で最もよく売れている本です。

ドイツのグーテンベルクとういう人が15世紀に印刷機を発明し、
最初に刷られた本が聖書でした。
以来、聖書は、いつの年もベストセラーです。
世界では、毎年8千万冊以上売れ、
日本でも年間600万冊以上売れています。
有史以来、不動の大ベストセラーとなっています。
ある人々は、聖書を「本の中の本」と呼びます。

 

2  聖書は世界で最も多く翻訳されている本です。

現在約2000語に翻訳されて(方言や部族語も含む)、
あらゆる角度から研究されてきました。

 

3  聖書は世界で最も迫害を受け、しかし滅びなかった本です。

歴史を通じて、これを読み、信じた人々を、
当時の支配者や思想家などが、迫害し、
何度も聖書そのものを地上から抹消しようと努力しました。
しかし、結果的に誰も聖書を滅ぼすことはできなかったのです。
それどころかこの本は世界中に広がり、
今なお多くの人々に読まれています。

Photo

  

 聖書が迫害された理由


・聖書がまことの神の存在を教えていること。
・神に対してすべての人が罪人として責任があると教えていること。
・すべての人間が神に愛されている貴重な存在であるなど、
 専制君主にとって、自分たちの支配体制を揺るがす教えであること。

  

●ローマ皇帝ディオクレティアヌスは、AD303年に勅令を出し、
世界に存在する聖書を一冊残らず焼却し、
聖書を持つ者を死刑にするよう命じました。
数年後、彼は完全に聖書を滅ぼし尽くしたと確信し、
「キリスト教は滅亡した」と刻まれた記念碑まで造ったのですが、
その数年後、AD313年キリスト教はローマで公認され、
391年にはローマの国教にまでなったのです。

  

●18世紀のフランスの自由思想家ヴォルテールは、
聖書の撲滅運動を広げた人物の一人で、
「今から40年の間に、こんな本を読む者が一人もないようにする」
と予告しました。
しかし、その50年後、彼が聖書の撲滅運動を広げていたその家が、
聖書の出版社となったことは、よく知られた話です。

  

●アメリカのニュー・メキシコ州の知事であり、学者であったルー・ウォレスは、
聖書に反対する本を書こうと考え、
二年かけてそのための資料を世界中から集めました。
ところが、調査すればするほどに聖書の真実性を裏付ける証拠が多く出てきて、
ついに否定しきれなくなり、彼自身がクリスチャンになりました。
ウォレスはそれらの資料を使って別の本を書きました。
それが、映画にもなった「ベン・ハー」です。

・・・次回、後編もお楽しみに♪

 

2011年11月10日 (木)

丘に立てる荒削りの[聖歌402]

私たちの教会では、イエスさまの十字架と復活を
思い起こす時として
毎月1回、聖餐式をしています。

その中で、歌われていた賛美を紹介します。

『丘に立てる荒削りの[聖歌402]』

1 丘に立てる荒削りの 十字架にかかりて
 救い主は人のために 捨てませり命を

十字架にイエスきみ 我をあがないたもう
 十字架の悩みは 我が罪のためなり

2 よびと笑いあざけるとも 十字架は慕わし
 小羊イエス神の御子が つけられし木なれば

十字架にイエスきみ 我をあがないたもう
 十字架の悩みは 我が罪のためなり

3 朱(あけ)に染(そ)みし荒削りの 十字架は うるわし 
 赦し与えきよくするは ただ主の血あるのみ

十字架にイエスきみ 我をあがないたもう
 十字架の悩みは 我が罪のためなり

4 責めも恥もつらくあらじ 十字架に代わりて
 たまのかむり受(う)くる時を 日々待てる 我が身は

十字架にイエスきみ 我をあがないたもう
 十字架の悩みは 我が罪のためなり

316

イエスさまの十字架と復活を見上げる時

神さまの愛が心に注がれます。

2011年11月 9日 (水)

第一のことを第一に

◆聖書:旧約聖書 創世記14章13~24節
◆説教タイトル:「第一のことを第一に―アブラハム⑤」

・アブラムは甥のロトを救出するために立ちあがりました。
ロトを捕虜として連れていく敵軍を追いかけ、ついにロトを救出しました。
ロトが親戚だからというだけではありません。
アブラムは神さまの約束を信じていたので危険を冒してまで行動したのです。
神さまの約束を信じるなら、私たちは他の人のために行動できます。

・神さまはご自分の約束を信じて行動したアブラムに、
メルキゼデクという人を通して改めて祝福を約束して下さいました。
アブラムはそれを信じました。
だから、他の王さまや有力者や人々よりも、まず神さまを信頼しました。
私たちも神さまをだれよりも何よりも信頼することが大事です。

・イエスさまの十字架と復活は、私たちへの神さまの約束が真実で確かであることの証拠です。

彼はアブラムを祝福して言った。
「祝福を受けよ。アブラム。天と地を造られた方、いと高き神より。
あなたの手に、あなたの敵を渡されたいと高き神に、誉れあれ。」
アブラムはすべての物の十分の一を彼に与えた。
 (創世記14章19~20節)

Photo_18

メッセージの中で心に響いたことをシェアします。

神さまを第一にしていくこと

他の人や物を頼りにしないというのは
人を信頼しないということではない。
神さまか、人(物)か、というどちらかという選択でもない。

優先すべきものは何かが重要

お互いが神さまを第一にする時
最高の信頼関係がそこに築かれる。

私たちは、いつの間にか知らず知らすのうちに
神さま以上にしているものはないだろうか?
神さまに教えていただく必要がある。

神さまの約束がより一層、明確になるように祈ろう!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

教会では、毎週、熱いメーッセージを聴くことが出来ます。
初めての方でもご安心ください。
聖書からのメッセージには普遍性があります。
そして、神さまご自身が、あなたの理解を支えてくださいます。

みなさんのお越しをお待ちしています。

2011年11月 8日 (火)

愛を伝えるために

『愛を伝えるために』

主よあなたはいつも 私の心の中に います
ひと時も離れることなく この心に

あなたが私を 愛しているように 私も
あなたを愛せるように なりたい 主よ

どうか私を 引き寄せて 下さい
あなたの 十字架の愛を もっともっと知りたい

あなたと共に ずっと 生きて行く
私の 人生を変えた 愛を伝える ために

Photo_17

私たちの願いと祈りが詰まった賛美です。

本当に、神さまはあなたのことを愛しておられます。
イエスさまの十字架と復活はあなたのためです。

あなたの心と体を神さまが優しく包んでくださいますように。

2011年11月 7日 (月)

コンサートレポ♪【2】

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

ティータイムも大盛況でした。
奉仕してくださったみなさん、
最高のサービスをいつもありがとうございます。

では、一部ですが写真レポ(ティータイム編)

Photo_11

            この前お伝えしたりんごはこのように変身しました。

Photo_12

              可愛いさくらんぼ。。。

Photo_13

Photo_15

Photo_16

              切るのが惜しいぐらいの芸術です。。。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

やっぱり、お食事があると表情も豊かになり
コミュニケーションも弾みます。

これからも、最高のおもてなしを心掛けてまいります。

今回、来ることが出来なかった方も、次回を楽しみにしてくださいね♪

2011年11月 6日 (日)

コンサートレポ♪【1】

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

たくさんの方々に来場いただき本当にありがとうございました。

また、今回来ることが出来なかったという方々にも
たくさんの支援をいただきましたことを心から感謝いたします。

Photo_6

曇り空の中でしたが天候も守られスタートしました。

Photo_3

とーっても大きなコントラバス。。。2メートル近くあるそうです。

Photo_4

リハーサルの間も素敵な音色にみんな心癒されていました。

Photo_7

本番もリラックスした雰囲気の中、
力強い演奏が心に響き、涙しておられる方もおられ
とても感動的でした。

ピアノを演奏してくださっていた野田常喜さん。
繊細な優しい音色でとっても素晴らしかったです。

Photo_8

CDにサインをしておられる小林さん♪

本当に、素晴らしい音色をありがとうございました。

今回、コンサートに来ることが出来なかった方のために

Photo_10

小林さんのニューアルバム『心の響き』をおすすめします。

きっと、みなさんの心が癒される、そんな1枚になると思います。

神さま、今日という最高の一日を感謝します。

2011年11月 5日 (土)

明日の準備

明日は東日本大震災復興支援チャリティーコンサートです。

そのための準備が着々と。。。

まだまだ、準備の途中ですが、
いち早くみなさんに伝えたいと思い、
一部を紹介しますね♪

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

                          

Photo_12                         

                          

Photo_13

                          

出来上がりは、明日のお楽しみにしてくださいね!

みなさんのお越しをお待ちしています♪

聖書の中身は?

Photo

初めて読む人にとっては、聖書は分厚くて、字が小さくて、
内容を理解するのが難しいように感じるかと思います。

そこで、まずおおまかに聖書の構成を知って、
何について書いてあるのか、内容を分類してみましょう。

聖書は、旧約・新約の二部から成っています。
旧約は39巻、新約は27巻あります。
合計66巻です。

Photo_2

旧約聖書(39巻)
ヘブル語で書かれている。(※日本語に訳された聖書があります。)
 
1  天地創造(創世記1章)
2  人間の起源(創世記1、2章)
3  人間の堕落、人類の悲惨さの原因(創世記3章)
4  神のさばき(創世記3章以下)
5  神の律法(出エジプト記、レビ記、申命記)
6  イスラエル民族を通して働かれる神の御手
7  救い主の預言(創世記、レビ記、イザヤ書、ミカ書、詩篇など)

Photo_3

新約聖書(27巻)
ギリシャ語で書かれている。(※日本語に訳された聖書があります。)

1  救い主イエス・キリストの誕生とその生涯(福音書)
2  キリストによる救いの完成、十字架と復活と昇天(福音書)
3  キリストの弟子たちの働き(使徒の働き)
4  救いについての教理(ローマ人への手紙等)
5  クリスチャンの生活上の注意、訓練、将来の約束(各書簡)
6  最後の審判(ヨハネの黙示録)

次回のキリスト教基礎コースは、聖書はなぜ神のことばかについてみていきましょう。

お楽しみに♪

2011年11月 4日 (金)

愛の手紙  LOVE LETTER to YOU

  Jesus

聖書は、天地の創造主から人類への愛の手紙です。
私たちが初めて会った人がどんな人か知る方法として、
その人をよく観察して、
顔つきや服装からある程度は推測できるかも知れません。
しかし、一番いいのは、
その人が自己紹介してくれることです。
今その人が何を考えているかは、
その人が語ってくれれば一番正確にわかります。
人の心はその人のことばでわかるように、
天地の創造主のみこころもそのことばによってわかります。
私たちが創造主である神について、
「神とはどんな存在か」
「何を考えているのか」と、
瞑想してわかるのではありません。

神がどんな方か知りたければ、
神ご自身の言葉によって知るのが最も正確なのです。

ですから、聖書は、
人間が神を知るために、
創造主から人間に宛てた手紙、
それもその内容からして
愛の手紙
であるといえます。

Photo_4 

:;;;:+*+:+*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*+

LOVE LETTER to YOU

1 著者  天地万物の創造主

2 記者  約40人の人々(神からの霊感によって書いた)

3 時代  旧約は、BC約1500年~BC400年頃
        新約は、AD約50年~100年頃

4 対象  地上の人々

5 目的  ●イエスを救い主として信じるようになるため。
        ●信じる者に永遠のいのちを与えるため。
             (ヨハネ20:31)

6 中心点  イエス・キリスト
        聖書はイエス・キリストが創造主の定められた
        救い主であることを証言しています。
        ですから、このキリストを除外しては、
        聖書は、その真価を失ってしまします。

あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。(ヨハネ3:39)

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

神は愛です。(ヨハネの手紙第一4:16)

            from  GOD

:;;;:+*+:+*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*++*+:;;;:+*+

Photo_5

神さまの愛があなたの心に届きますように。

2011年11月 3日 (木)

目に見えないものを見る

日曜日の礼拝メッセージで語ってくださった内容を少し紹介しますね。

聖書:旧約聖書 創世記13章5~18節
説教タイトル:「目に見えないものを見る
                      ―アブラハム④」

・大きな失敗をしたアブラムですが、

もう一度神さまの約束を信じた時に立ち直りました。

親戚ロトとの問題を適切に解決することができました。

・アブラムは、神さまの約束を信じたので、

目に見えるものにとらわれず、目に見えないものを期待できました。

だから選択の優先権をロトに譲ることができました。

また危険な誘惑から離れることができました。

神さまの約束を信じることは私たちの生き方を変え、

私たちを成長させます。

・もし私たちがイエスさまの十字架と復活を信じていくなら、

神さまの約束を信じ続けていくことができます。

最も大事なことは十字架と復活です。

・約束を信じて正しい態度で生きようとするとき、

神さまはその約束をより明確にして下さり、具体的にして下さいます。

神さまの約束は実現に近づきます。

Photo

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一

時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。 (第2コリント4章18節)

2011年11月 2日 (水)

ただ主の十字架に

賛美はイエスさまの十字架と復活を思い起こす時でもあります。

日曜日に歌った賛美を紹介します。

『ただ主の十字架に』

この世にひとり子 与えた神の
愛の大きさは 計り知れない

十字架のイエスが 苦しまれるのを
耐えられ涙を 流された神

見よ主の十字架を 私の罪を
背負いさげすまれ 孤独な姿

十字架の苦しみ 受け入れられた
私に命を 与えるために

誇れるものなど この世にはなし
ただ主の十字架と よみがえりだけ

どうして私が 救われたのか
心を尽くして 感謝ささげる

Photo_14

福音のメッセージが語っていること

『あんたはなぁ
自分ではえぇ人間やろうと思ってるやろうけど
自分で思ってる以上に悪い奴やぞぉ。

あんたはなぁ
神さまの愛はこれぐらいやろうと思ってるやろうけど
神さまの愛はあんたが思ってるより
よっぽど深いねん。』

(大阪のおっちゃんバージョン)

556

イエスさまの十字架と復活は、
神さまが私たちを愛してくださっている最大のしるしです。

この愛を知ることを切に求めましょう。

2011年11月 1日 (火)

和泉神愛キリスト教会

Photo_13

同じ空の下とはいえ、
このブログを見てくださっている方は、どこに住んでおられるんだろう??

教会は、あなたのためにあるところです。
少しでも興味のある方は、気軽に訪れてみてください。

そこで、今日は、
大阪の仲良くしていただいている教会を紹介したいと思います。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

『和泉神愛キリスト教会』

〒594-0023 大阪府和泉市伯太町6-11-18
http://izumishinai.holy.jp/

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚゚

先日、一郎先生が、和泉神愛キリスト教会で

メッセージを語る機会を与えられご奉仕されました。

大阪の ' ボケとつっこみ ’についての調査についても面白い結果が。。。
大阪の人たちは、自分がボケかつっこみかはっきり認識があるようです。

うぅ~ん、私は、ボケかなつっこみかな??
(FGBのメンズキャンプに行きたかったぐらいだから、ボケ。。。かな?!)

生活している所、住んでいる所によって、影響があるんですね。

大阪面白い!

和泉近辺にお住まいの方は、
一度、和泉神愛キリスト教会を訪れてみてくださいね!

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »