« 神によって創造された人間【4】 | トップページ | 南紀リバーサイドチャーチ »

2011年11月28日 (月)

いのちがけの約束

聖書:旧約聖書 創世記15章7~21節 
説教タイトル:「いのちがけの約束―アブラハム⑦」

・神さまは、ご自分がアブラムにとって最も近い神さまであることを語られました。
神さまはアブラムを罪の中から救い出して下さいました。
それだけでなく、祝福の中に導いて下さいました。
神さまは私たちをも高慢、自己中心の罪から救い出して下さいました。
そのことを感謝しましょう。
そして祝福される人生、人を祝福することができる人生に導いて下さっています。

・神さまはアブラムのために契約を結ばれました。
それは契約を破った場合、引き裂かれてもよいと表明するほど、はっきりとした契約でした。
イエスさまの十字架はまさしく、神さまのいのちがけの約束なのです。

・アブラムは、自分の子孫が400年間奴隷として苦しむことを知らされました。
でもその後には神さまの祝福があると約束があります。
私たちも困難や苦しみの先に、神さまの約束が実現する日がやってきます。
その日を待ち望みましょう。

Jesus

神さまは、私たちをとっても愛するがあまり
罪や傲慢、自己中心のために滅んでも仕方ない私たちのために
イエスさまが十字架にかかって死んでくださり、
墓に葬られ、
三日目によみがえってくださいました。

これほどまでの愛は他にありません。

みなさんの心に今日も神さまの愛が届きますように。

« 神によって創造された人間【4】 | トップページ | 南紀リバーサイドチャーチ »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/43166549

この記事へのトラックバック一覧です: いのちがけの約束:

« 神によって創造された人間【4】 | トップページ | 南紀リバーサイドチャーチ »