« 愛の手紙  LOVE LETTER to YOU | トップページ | 明日の準備 »

2011年11月 5日 (土)

聖書の中身は?

Photo

初めて読む人にとっては、聖書は分厚くて、字が小さくて、
内容を理解するのが難しいように感じるかと思います。

そこで、まずおおまかに聖書の構成を知って、
何について書いてあるのか、内容を分類してみましょう。

聖書は、旧約・新約の二部から成っています。
旧約は39巻、新約は27巻あります。
合計66巻です。

Photo_2

旧約聖書(39巻)
ヘブル語で書かれている。(※日本語に訳された聖書があります。)
 
1  天地創造(創世記1章)
2  人間の起源(創世記1、2章)
3  人間の堕落、人類の悲惨さの原因(創世記3章)
4  神のさばき(創世記3章以下)
5  神の律法(出エジプト記、レビ記、申命記)
6  イスラエル民族を通して働かれる神の御手
7  救い主の預言(創世記、レビ記、イザヤ書、ミカ書、詩篇など)

Photo_3

新約聖書(27巻)
ギリシャ語で書かれている。(※日本語に訳された聖書があります。)

1  救い主イエス・キリストの誕生とその生涯(福音書)
2  キリストによる救いの完成、十字架と復活と昇天(福音書)
3  キリストの弟子たちの働き(使徒の働き)
4  救いについての教理(ローマ人への手紙等)
5  クリスチャンの生活上の注意、訓練、将来の約束(各書簡)
6  最後の審判(ヨハネの黙示録)

次回のキリスト教基礎コースは、聖書はなぜ神のことばかについてみていきましょう。

お楽しみに♪

« 愛の手紙  LOVE LETTER to YOU | トップページ | 明日の準備 »

キリスト教基礎コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖書の中身は?:

« 愛の手紙  LOVE LETTER to YOU | トップページ | 明日の準備 »