« 牧師ランチ | トップページ | イエスさまの誕生 »

2011年12月18日 (日)

クリスマスの喜びのもとはここにある

今日の礼拝メッセージで語ってくださったのは
クリスマスのストーリーでした。

◆聖書:新約聖書 ルカ1章26~38節
◆説教タイトル:「クリスマスの喜びのもとはここにある」

 

Photo_2

 

1:26 ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、
   神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。
1:27 この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。
1:28 御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。
   「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
1:29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、
   これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
1:30 すると御使いが言った。
   「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
1:31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。
1:32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。
   また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
1:33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」
1:34 そこで、マリヤは御使いに言った。
   「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」
1:35 御使いは答えて言った。
   「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。
   それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
1:36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、
   あの年になって男の子を宿しています。
   不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。
1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。」
1:38 マリヤは言った。
   「ほんとうに、私は主のはしためです。
   どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」
   こうして御使いは彼女から去って行った。

 Photo

・マリヤはごく普通の女性、
 そこに神さまのひとり子がお生まれになるというのです。
 偉大な神さまが救い主として私たちの日常生活においで下さったことが
 クリスマスの喜びのもとです。

・この喜びは、自分ではコントロールできないところに
 神さまの大きな力が働くことを期待し、
 希望をもつことにつながります。
 自分自身を律することは難しいことです。
 なぜなら私たちは罪の性質をもっているからです。
 イエスさまはそこから私たちを救って下さる方です。

・マリヤの身に起こったことは常識的には嬉しいことではありませんでした。
 しかし彼女は神さまの力を信じて神さまに自分をお任せしました。
 だからこそ、クリスマスの喜びが生まれたのです。
 マリヤは悲壮感を抱きながら、仕方なく神さまに従ったのではありません。
 彼女は神さまに従うことが多くの人の祝福になることを信じ、
 自分は幸せだと言いました。
 神さまにゆだねることは幸福なことなのです。

« 牧師ランチ | トップページ | イエスさまの誕生 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/43424904

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの喜びのもとはここにある:

« 牧師ランチ | トップページ | イエスさまの誕生 »