« 失敗と罪の中で | トップページ | インマヌエル麗しい御名 »

2011年12月 6日 (火)

謙遜

今日は礼拝メッセージを聴いて心に響いたことをシェアします。

    

アブラムは信仰の父といわれている人だが、
私たちと同じように弱さや失敗、罪の性質を持った人間だった。
聖書の中の登場人物から私たち自身が見えてくる。

失敗の中にもいろいろな種類がある。

子どもが、成長の過程の中で失敗することは健全に成長していっている証
この失敗は責めてはいけない。

また、自分自身の罪のための失敗というものがある。
これは、あらゆるところに大きな影響を及ぼす。

今、神さまに、このことを聴いてみよう。

私たちはみな、自分ではどうすることも出来ない罪人。
クリスマスは、そういう私たちのために訪れた。

Photo_19 

 

アブラムは、神さまの約束を信じていた。
しかし、その実現は、人間的にみれば到底、不可能のようなもの。

≪アブラム≫
まったくサライの言いなりで無関心。無責任な態度。逃避。

≪サライ≫
自分は悪くないと責任逃れ。
自分の落ち度は見ず、他人に厳しい態度。わがまま。

≪ハガル≫
サライを見下すようになった。軽蔑。傲慢。

これは、聖書の中の登場人物に限ったことだろうか。
私たちにも言葉や態度で、
アブラムやサライ、ハガルのようなところがないだろうか。

Photo_6

  

神さまが、ハガルに語られた言葉

サライの女奴隷ハガル。・・・
あなたの女主人のもとに帰りなさい。そして、彼女のもとで身を低くしなさい。

神さまは、ハガルに謙遜になることを教えられた。

人の心の高慢は破滅に先立ち、謙遜は栄誉に先立つ。(箴言18:12)

謙遜は、神さまの祝福が注がれる。

キリストは、神の御姿であられる方なのに、
神のあり方を捨てることができないとは考えないで、
ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、
人間と同じようになられたのです。
キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、
死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。
それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。
それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、
地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、
すべての口が、「イエス・キリストは主である。」と告白して、
父なる神がほめたたえられるためです。(ピリピ2:6~11)

日本人が持ちやすい謙遜のイメージとは違う。
イエス・キリストの謙遜。

神さまであるのに、人となって来てくださった。
自分の特権や権利を捧げてくださった。
私たち罪人を救うために。

神さまの約束があるから、そして信頼するから
状況に影響されず、真に謙遜になることが出来る。

同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。
みな互いに謙遜を身に着けなさい。
神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。
ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。
神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。
あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。
神があなたがたのことを心配してくださるからです。(第一ペテロ5:5~7)

神さまに信頼して歩もう。

神さまが私たちと共におられる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

 

それそれが、神さまから必要なことを語られたと思います。

みなさんも人生が変えられる聖書からのメッセージを
教会に聴きに来てくださいね。

お待ちしています。

« 失敗と罪の中で | トップページ | インマヌエル麗しい御名 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/43255153

この記事へのトラックバック一覧です: 謙遜:

« 失敗と罪の中で | トップページ | インマヌエル麗しい御名 »