« 気にすることなく。。。 | トップページ | 日曜日(3/4)は 被爆ピアノ チャリティーコンサート♪ »

2012年2月29日 (水)

救い

1 人間は自分で自分を救えません。

「義人はいない。一人もいない。」(ローマ3:10)

私たちには自分の罪が赦され、神の十分義と認められるだけの、
正しい生き方が出来ません。

出来ると思っている人は、
一度聖書に書かれている神の教えを徹底的に守ってみるといいでしょう。
「あなたの敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」
という言葉を守り続けることが出来るでしょうか。
自分の内側を正直に見つめたときに、罪の一点もない人などいないのです。

また、救われるための人間の努力には限界があります。
それは神の義を満たすほど十分ではありません。
ある人々は救いを得るために修行を積んだり、善行に励んだりするのですが、
聖書はそのような行いによっては誰一人救われることはないと教えています。

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。
 それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
 行いによるのではありません。」

1

2 救いの方法

人間の罪を完全に処理する方法として、神が定められたのが、
イエス・キリストが身代わりになられる方法です。

神が人となり、罪の無い完全に正しい生き方をし、
罪ある人の身代わりに神の裁きを受け、
その人の罪の代価を全部支払うという方法です。

その方法で、私たちの罪はキリストの十字架の所に行き、
キリストの義が私たちの所に来るようにされたのです。

そして、私たちがすることは、自分の罪を悔い改め、
備えられた救いを信仰によって受け取ることのみなのです。

2

3

十字架によってのみ渡ることが出来ます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Q&A  どんな罪も赦されるのでしょうか?

この救いの方法で、支払われたのは「神の御子のいのち」です。
これ以上高い犠牲はありません。
誰が何と言っても、神ご自身が身代わりの犠牲になられた以上、
その人の罪は残らず赦されます。
どんなに人間の罪が深く、また多くても、
赦しの効力の方が大きのです。

もしも、救われるために、何らかの償いや善行や修行やお布施などが必要であるならば、
条件によっては救われたくても救われないという人も起こるでしょう。
しかし、神はすべての人が、自らの救いを願って悔い改めるならば、
救われることが出来るように、
信仰によってのみ救われるように定めてくださったのです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

3 救いを受けるために

○自分が罪人であることを認め、罪を悔い改める。

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」(マルコ1:15)

○イエス・キリストを救い主として信じ、告白すること。

「もしあなたの口でイエスを主と告白し、
 あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、
 あなたは救われるからです。
 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」(ローマ10:9~10)

あなたも今、信じて祈ることによって、
キリストを受け入れることができます。
(祈りは、神に話すことです。)

神さまは、あなたの心を知っておられるので、
あなたがどんなことばで祈るかよりも、
どういう心で求めているかを見ておられます。
次のように祈ることによって、あなたも今、キリストを受け入れることができます。

「神さま、私は罪人です。今まであなたを知らずに生きてきました。
 あなたが喜ばれないことをしてきました。
 どうぞ私の罪を赦してください。
 イエスさまがこんな私のために十字架にかかってくださったことを感謝します。
 イエスさまを私の救い主として信じます。
 私をきよめてください。
 そしてこれからの人生をあなたの喜ばれることのために導いてください。
 イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。」

これは、あなたの心の願いを表しているでしょうか?
もしそうでしたら、今、祈りましょう。
キリストは約束されたように、あなたの心に入ってくださいます。

見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。
だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、
わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、
彼もわたしとともに食事をする。(黙示録3:20)

« 気にすることなく。。。 | トップページ | 日曜日(3/4)は 被爆ピアノ チャリティーコンサート♪ »

キリスト教基礎コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救い:

« 気にすることなく。。。 | トップページ | 日曜日(3/4)は 被爆ピアノ チャリティーコンサート♪ »