« コンサートレポ♪ 【 ヘルマンハープ 】 | トップページ | レント »

2012年3月 6日 (火)

ささげる喜び

新会堂での礼拝はちょうど一年前。。。
みんなそわそわ緊張しながら始まったことを思い出します。
神さまこの一年を祝福してくださり感謝します。

では日曜日の礼拝メッセージをシェアします。
「受けるより与えるほうが幸いです。」というイエスさまの言葉にもあるように
私たちも喜びをもって捧げるという地境が広げられるようにと祈ります。

◆説教タイトル:「ささげる喜び」

◆聖書:新約聖書 ヨハネ12章1~8節

12:1 イエスは過越の祭りの六日前にベタニヤに来られた。
   そこには、イエスが死人の中からよみがえらせたラザロがいた。
12:2 人々はイエスのために、そこに晩餐を用意した。
   そしてマルタは給仕していた。
   ラザロは、イエスとともに食卓に着いている人々の中に混じっていた。
12:3 マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、
   イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった。
   家は香油のかおりでいっぱいになった。
12:4 ところが、弟子のひとりで、イエスを裏切ろうとしているイスカリオテ・ユダが言った。
12:5 「なぜ、この香油を三百デナリに売って、貧しい人々に施さなかったのか。」
12:6 しかしこう言ったのは、彼が貧しい人々のことを心にかけていたからではなく、
   彼は盗人であって、金入れを預かっていたが、その中に収められたものを、
   いつも盗んでいたからである。
12:7 イエスは言われた。
   「そのままにしておきなさい。マリヤはわたしの葬りの日のために、
   それを取っておこうとしていたのです。
12:8 あなたがたは、貧しい人々とはいつもいっしょにいるが、
   わたしとはいつもいっしょにいるわけではないからです。」

2

・マリヤは貴重な香油をイエスさまにささげました。
それはイエスさまへの感謝のしるしです。
ささげることは救われる条件ではありません。
でもイエスさまが私たちのためにして下さったこと、
十字架と復活の意味がわかるとささげることが感謝として生まれて来るのです。
ですからイエスさまが私たちを愛して下さっていることがもっとわかるように祈りましょう。

・イエスさまにささげることをだれもが認めてくれるわけではありません。
でもイエスさまは私たちがささげることを知って下さり、評価して下さいます。
そこにささげる喜びがあります。

・私たちがささげるなら、
イエスさまは私たちが考えている以上のことをささげたものを通してして下さるのです。
自分の人生を神さまにささげるなら、
神さまは私たちの人生を神さまのご計画のために用いて下さるのです。

« コンサートレポ♪ 【 ヘルマンハープ 】 | トップページ | レント »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/44366221

この記事へのトラックバック一覧です: ささげる喜び:

« コンサートレポ♪ 【 ヘルマンハープ 】 | トップページ | レント »