« 救われたらどうなるか【1】 | トップページ | 被災地へ »

2012年3月18日 (日)

救われたらどうなるか【2】

5 神のかたちを回復してゆける。きよめられていく。

神の言葉に従って、神と共に生きることで、神との交わり、良い行い、
人間同士の愛、世界を正しく治めるなど、
人間本来の造られた目的に向かっていきます。
失われた「神のかたち」が回復していく人生に入っていきます。
それはあなたの中で新しい創造が始まっているようなものです。

しかし、クリスチャンになっても、私たちは即座に罪を犯さなくなるのではありません。
それを神はよく知っておられます。
私たちはそのたびに悔い改め、神の御心に生きられるように、
聖霊の助けを求めます。
聖霊の助けなしに、私たちは神の願われるようなものになれるのではありません。
自分の力で救われたのではないように、
私たちは自分の力だけできよくなることはできません。

クリスチャンになってからの悔い改めは、私たちを神に近づけます。
自分が神の御心を行えないことに直面するほどに、
それでも変わらない神の愛を深く知ることになります。
その中で私たちは絶望的な受容感を得て行きます。
そして、変えられるために自分の力でなく聖霊の助けを求めるようになります。
そのような神との正直な交わりが、その人を本当に変えていく力となるのです。
私たちは何度でも悔い改めるべきです。

私たちはみなキリストのように生きるものに召されています。
神との真実な交わりの中で、その人のうちに、
徐々にキリストのような人格を養って行くようになります。

 

6 その人の人生の目的を実現してゆく。

神が、私たちを「母の胎」に造られたとき、
その人には神が定められた人生の目的がありました。
それは個性的でその人が生き生きと生きるためのものです。
神は一人一人にそのような「運命」DESTINYを用意しておられるのですが、
罪のためにそれは歪められ壊されてしまっています。
その結果私たちは自分が何のために生きているのか分からなくなっているのです。
しかし、救いによって、その運命の種が私たちの霊のうちに植えられます。
そしてそれが少しづつ育って、私たちは自分のなすべき人生の目的を見出し、
それを生きるようにされます。

2

私たちはイエス・キリストを信じて、救われた瞬間に、
新生し聖霊が内に住まわれます。

そして、生涯、クリスチャン生活を通して、神さまをよく知り、
罪の影響から解放され、自由にされ、きよくなり、
失われた神のかたちを回復していきます。
また、その人のDESTINYに向かって進んでいきます。

私たちが、遂に完全に罪の影響から解放され、
原罪がなくなるときは、再臨のあと、
私たちに新しい復活の体が与えられたときです。
それは救いの完成のときです。

信仰による救いを通して、神さまは罪人にあらゆる恵みを注ごうとされています。
なによりも、神さまの愛の大きさを本当に良く知ることができるのは、
クリスチャンになってからです。
それは素晴らしい特権です。

あなたは神さまの愛をどれくらい感じておられますか?

3

「こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、
あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。
また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、
すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さが
どれほどであるかを理解する力を持つようになり、
人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。
こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。」
( エペソ3:17~19)

« 救われたらどうなるか【1】 | トップページ | 被災地へ »

キリスト教基礎コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救われたらどうなるか【2】:

« 救われたらどうなるか【1】 | トップページ | 被災地へ »