« イースターをご一緒に♪ | トップページ | イエスさまと私の十字架―イエスさまにならっていきたい »

2012年4月 1日 (日)

棕櫚(しゅろ)の日曜日

来週の日曜日はイースターです。
イエスさまが私たちの罪のために十字架にかかって死んでくださり
墓に葬られ、三日目によみがえられたことを思い起こし
感謝と喜びを現す時です。

イースターの前の日曜日を棕櫚(しゅろ)の日曜日と言います。
イエスさまがエルサレムに入城された時を記念しています。

・・・その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、
イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、
しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。
そして大声で叫んだ。
「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」
イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。
それは次のように書かれているとおりであった。
「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」
初め、弟子たちにはこれらのことがわからなかった。
しかし、イエスが栄光を受けられてから、
これらのことがイエスについて書かれたことであって、
人々がそのとおりにイエスに対して行なったことを、彼らは思い出した。
イエスがラザロを墓から呼び出し、
死人の中からよみがえらせたときにイエスといっしょにいた大ぜいの人々は、
そのことのあかしをした。
そのために群衆もイエスを出迎えた。
イエスがこれらのしるしを行なわれたことを聞いたからである。
そこで、パリサイ人たちは互いに言った。
「どうしたのだ。何一つうまくいっていない。見なさい。
世はあげてあの人のあとについて行ってしまった。」・・・
(ヨハネ12章12~19節)

Bsntr023

今週は、受難週です。
イエスさまの十字架と復活の意味と、そのすばらしさを、
さらに知ることを祈り求めましょう。

« イースターをご一緒に♪ | トップページ | イエスさまと私の十字架―イエスさまにならっていきたい »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/44716216

この記事へのトラックバック一覧です: 棕櫚(しゅろ)の日曜日:

« イースターをご一緒に♪ | トップページ | イエスさまと私の十字架―イエスさまにならっていきたい »