« 母の日 | トップページ | 大胆に、自信をもって »

2012年5月17日 (木)

パンと魚の奇蹟

さて、ユダヤ人の祭りである過越が間近になっていた。
イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、
ピリポに言われた。
「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」

もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。
イエスは、ご自分では、
しようとしていることを知っておられたからである。

ピリポはイエスに答えた。
「めいめいが少しずつ取るにしても、
二百デナリのパンでは足りません。」

弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。
「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。

しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」

イエスは言われた。
「人々をすわらせなさい。」
その場所には草が多かった。
そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。

そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、
すわっている人々に分けてやられた。
また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。

そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。
「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」

彼らは集めてみた。
すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、
人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。

人々は、イエスのなさったしるしを見て、
「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ。」と言った。
(ヨハネ6:4~14)

Photo_2

私たちは神さまが奇蹟を起こしてくださる方だと信頼しています。
だから今は目に見えていなくても、すでに受けたと信じて
感謝の祈りを今日も捧げましょう♪

イエスさまを信じて従っていくとき
神さまの約束は現実のものとなり目に見えるようになります。

私たちは神さまの約束を信じて疑いません。

信仰は望んでいる事がらを保証し、
目に見えないものを確信させるものです。(ヘブル11:1)

« 母の日 | トップページ | 大胆に、自信をもって »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/45291584

この記事へのトラックバック一覧です: パンと魚の奇蹟:

« 母の日 | トップページ | 大胆に、自信をもって »