« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

さらに地境が広げられるために

◆説教タイトル「さらに地境が広げられるために」

◆聖書 旧約聖書 出エジプト記3章1~12節

モーセは、ミデヤンの祭司で彼のしゅうと、イテロの羊を飼っていた。
彼はその群れを荒野の西側に追って行き、神の山ホレブにやって来た。

すると主の使いが彼に、現われた。
柴の中の火の炎の中であった。
よく見ると、火で燃えていたのに柴は焼け尽きなかった。

モーセは言った。
「なぜ柴が燃えていかないのか、
あちらへ行ってこの大いなる光景を見ることにしよう。」

主は彼が横切って見に来るのをご覧になった。
神は柴の中から彼を呼び、「モーセ、モーセ」と仰せられた。
彼は「はい。ここにおります」と答えた。

神は仰せられた。
「ここに近づいてはいけない。あなたの足のくつを脱げ。
あなたの立っている場所は、聖なる地である。」

また仰せられた。
「わたしは、あなたの父の神、
アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」
モーセは神を仰ぎ見ることを恐れて、顔を隠した。

主は仰せられた。
「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見、
追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。
わたしは彼らの痛みを知っている。

わたしが下って来たのは、
彼らをエジプトの手から救い出し、
その地から、広い良い地、乳と蜜の流れる地、
カナン人、ヘテ人、エモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人のいる所に、
彼らを上らせるためだ。

見よ。今こそ、イスラエル人の叫びはわたしに届いた。
わたしはまた、エジプトが彼らをしいたげているそのしいたげを見た。

今、行け。
わたしはあなたをパロのもとに遣わそう。
わたしの民イスラエル人をエジプトから連れ出せ。」

モーセは神に申し上げた。
「私はいったい何者なのでしょう。

パロのもとに行ってイスラエル人を
エジプトから連れ出さなければならないとは。」

神は仰せられた。
「わたしはあなたとともにいる。
これがあなたのためのしるしである。
わたしがあなたを遣わすのだ。
あなたが民をエジプトから導き出すとき、
あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。」

Photo_3

モーセは地境が大きく広げられた人でした。
なぜそうなったか、それは神さまがモーセに現れてくださったからです。
モーセは神さまに出会い、神さまの声を聞きました。
彼の普段の生活の中で、少し求める心をもって行動した時に、
神さまに出会うことができたのです。

神さまはモーセに、そのまま近づかないように、
靴を脱ぐように命じられました。
それは神さまの前に謙遜になり、
自分の罪を認めることです。
そしてイエスさまを信じることです。
神さまに対してへりくだり謙遜になることで、
私たちの地境は広がるのです。

神さまの声に対して、モーセは何度もためらい抵抗しましたが、
ついに従いました。
従うところに神さまの祝福があります。
私たちは神さまの約束が実現するために、
自分の人生をささげることができます。
神さまの約束がその通りになることを身をもって体験できます。

2012年6月27日 (水)

明日は、聖書が教える人間関係の極意!

Photo_2

●たらちね日本 感学講座:京都プロジェクト
        講座【聖書が教える人間関係の極意】を開催します。

日 時:2012年6月28日(木) 18時~20時

会 場:四条京町屋2階 (京都市下京区四条通西洞院東入ル)
           
℡075-255-0801 

http://shijo-kyomachiya.jp/

受講料:1回 3,000円

ジャパン・デザイン・プロデュース・ユニオン主催で
今年より始まりました講座「たらちね日本」の一つとして、
当教会の牧師がキリスト教についてお話しいたします。
今年2月と3月に行なった講座「普段着のキリスト教」に続いて、
行うことになりました。

「人間関係」は、誰でもどこでも必要なものであり欠かすことができません。
同時に、大きな悩みやストレスになることもあります。
私たちにとって大きな関心事であり、
とても日常的な「人間関係」に焦点を当てて、聖書を読んでいきたいと考えています。
参加されるみなさんで意見交換をしながら、
具体的な人間関係がよりよいものになる機会になればと願っています。
(お茶とお菓子もありますよ。)

詳しくは、「たらちね日本」ホームページをご覧ください。
http://tarachine-nippon.com/index.html

受講された方々も興味深くとっても楽しんでおられるご様子。。。
まだ一度も参加したことがないけど
行ってみたいという人も大歓迎です。

是非、京町屋の趣きある佇まいの中で
普遍性のある聖書からの極意を吸収してくださいね♪

2012年6月26日 (火)

洗礼式!!!

Photo

日曜日は、洗礼式がありました!
嬉しいっ♪♪
洗礼式って本当にスペシャルです♪

洗礼って何??と思われた方のために。。。

洗礼(バプテスマ)には、

浸すとか覆われるという意味があるのですが
水の洗礼は、その人の体をまるごと水に浸すという意味がります。

私たちは、イエス・キリストを信じることによって
イエスと一緒に古い自分が死に
イエスと一緒に新しい自分になりました。

それは、私たちが水の中に沈み(死)、
水の中から出てくる(復活)ことにあらわされています。

洗礼は、私たちがイエス・キリストを信じて従っていくことを
神さまとみんなの前ではっきりと宣言することです。
でもこれは、自分の力や意志によって守っていくのではなく、
「神さまが私の信仰も助けてくださる」
ことを信じて告白するものです。

洗礼は、救いの条件ではありませんが
神さまに信頼して従っていくステップとして
イエス・キリストを信じるすべての人が受けるように招かれています。

洗礼は神さまの祝福が流れてくるパイプのようなもので
びーっくりするぐらいに祝福してくださいます。

今回、2名の人が洗礼に導かれ
どのように教会に導かれ、
イエスさまを信じるようになったかということを
お話してくださったのですが、
毎回、ここで聴く話は本当に感動的です。

イエスさまは、本当に今も生きておられますね!!

洗礼、おめでとうございます!!!

私たちの教会でこれからも見ていきたいもの
それは
イエス・キリストによって変えられる人々!!!

イエスさまと歩む人生の最高さを
もっともっと多くの人に伝えたい!

教会は、神さまと人々、人々と神さまのためにあります。

興味のある人は是非きてくださいね!

2012年6月22日 (金)

領収書の祈り

今、私たちの教会では『領収書の祈り』が熱い!!!
領収書の祈り??
と思われた方のために。。。

以前、メッセージの例話の中で
クリスチャンでアサヒビールの会長だった樋口廣太郎さんが
祈られた祈りを紹介していただきました。

なんでも、会社が潰れる寸前だという危機的な状況にある時
「神さま、シェアが一番になりました。ありがとうございました。」
「領収書」の祈をし続けられたそうです。

普通なら、「シェアを一番にしてください。」
「請求書」の祈をするところだと思います。

しかし、神さまは、この受け取ったという信仰と感謝の祈りに
大きく応えてくださり
瀕死の状態だったアサヒビールを業界No.1へと
導いてくださったというお証しでした。

Photo_2

私たちの教会でもこの『領収書の祈り』を実践して
奇蹟が起こってるんだ!
という証が続出しています。

。。。業績悪化に苦しんでいたところ→
半月の売り上げを1日で達成するという快挙。。。

。。。挨拶すらないような社員同士険悪な仲→
自分たちの非を認めコミュニケーションの重要性を悟る社員。。。

などなど。。。

神さまが奇蹟をたっくさん起こしてくださっています!
これからもたくさんの証が続くこと、楽しみです。

感謝を捧げることは、素晴らしい喜びがあります。
私たちはイエスさまの十字架と復活を信じて信頼して歩むとき
予想を遥かに超えた神さまの奇蹟を経験します。

イエスさまは、すべてのものを私たちに与えてくださいました。

「神さまの愛を受け取り感謝して歩む」
これこそ私たちの目指すライフスタイルです。

今、窮地に陥っているという方におすすめです。
問題に焦点を当てることを一旦、脇に置いて
問題を解決してくださるイエス・キリストに注目して
感謝を捧げてみてください。

必ず、神さまが生きて働いてくださる奇蹟を経験します。

神さま、本当にありがとうございます。

2012年6月20日 (水)

How Great is our God

Phnla014

大好きな賛美『 How Great is our God 』

You Tube にもいっぱいアップされていました。
ここでも一部ご紹介♪

●HILLSONG - How Great is our God

http://www.youtube.com/watch?v=a2wGrwTYGL0

●How Great Is Our God- w/ Lyrics

http://www.youtube.com/watch?v=lhvu44m4n6c&feature=endscreen&NR=1

●How Great is Our God (World Edition) Live @ Passion 2012!

http://www.youtube.com/watch?v=GyGD3zH9Xvc

心からの賛美を捧げる時
そこは天国を彷彿とさせるような神さまの臨在で満たされる。

私たち人間は神さまを賛美し礼拝するために造られた。
これこそ最高の喜び♪

2012年6月19日 (火)

心の奥底が満たされる

日曜日の礼拝メッセージも一人一人に
必要なことが語られました。
本当に最高のメッセージを感謝します。

◆説教タイトル 「心の奥底が満たされる」

◆聖書 新約聖書 ヨハネ7章37~39節

さて、祭りの終わりの大いなる日に、
イエスは立って、大声で言われた。
「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。
わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、
その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」

Photo_3

・私たちには3種類の必要があります。
食べ物や持ち物など物によって満たされるもの、
何かを成し遂げた達成感や人とのつながりで満たされる心の必要、
そして神さまによって初めて満たされる必要、
つまり心の奥底の必要があります。
他のもので満たされていても、
神さまでなければ満たされないところを
気づかなかったり無視していると、
人生には虚しさがつきまといます。

・心の奥底(霊)が満たされるとは、
神さまが愛して下さっていることを知り、
経験することです。
霊が満たされると、
それまで満たされなかった心も満たされるのです。

・自分が満たされていないところ、
渇いているところはないでしょうか?
それは神さまによって満たされるところかもしれません。
自分の渇きを認めて、イエスさまを信じることで、
聖霊が神さまの愛を私たちの心の奥底に注いでくださいます。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

礼拝の後、分かち合う中でも
渇いていたことに気づき
私に今一番必要なメッセージだったと
喜びの涙を流して感謝をあらわしている
彼女のキラキラした目に
イエスさまは今も生きて働いてくださっていることを確信します。

あなたの渇きを満たして下さる方は
イエスさまです。
どうぞ勇気をもって信仰の一歩を踏み出してください。

教会はいつでもあなたのこと大歓迎です♪
お待ちしています!

2012年6月18日 (月)

父の日特別ランチ♪

6月に入って最初のブログとなってしまいました。
楽しみにしていてくださったみなさん
本当にごめんなさい。

アッセンブリー大津キリスト教会を多くの人に知ってもらいたい!
なによりイエスさまがあなたのことを
どれほど愛してくださっているかを伝えたい!!!

と、始めたブログも、みなさんの祈りに支えられているなぁ
そして、これからもみなさんの祈りが、とーっても必要だなぁと
思わされた2週間でした。

どうぞこれからもよろしくお願いします。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

さて日曜日は、父の日で第151回ウェルカム・サービスでした。
父親に感謝をあらわす時
そして父なる神さまに感謝をあらわす時を持ちました。

礼拝の後の特別ランチは
手巻き寿司でした♪

Photo

沢山でテーブルを囲むので食材も豊富!

Photo_2

もちろん衛生面にも気を付けます。

この後、ケーキも沢山出てきたのですが
すごい勢いでなくなってしまい
またもや写真に収める事が出来ませんでした。

とにかく美味しかったです!

準備してくださったみなさん
本当にいつもありがとうございます。

お父さんをはじめ集われた方々みんな大満足でした。

食事は交わりに彩を加えてくれて
一緒に喜んだり感謝をあらわしたり
また課題を打ち明け合って一緒に祈ったり
大きな役割を果たしてくれています。

なによりイエスさまがそこに一緒にいてくださること
これ以上の喜びはありません。

天のお父さま、ありがとうございます。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »