« 神さまの前に静まる時 | トップページ | イエスさまはあなたを招いておられる »

2012年8月 8日 (水)

もっと大事なことを知る

説教タイトル:「もっと大事なことを知る」
聖書 新約聖書 マルコ1章40節~2章12節

さて、ツァラアトに冒された人がイエスのみもとにお願いに来て、
ひざまずいて言った。
「お心一つで、私をきよくしていただけます。」

イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。
「わたしの心だ。きよくなれ。」

すると、すぐに、そのツァラアトが消えて、その人はきよくなった。

そこでイエスは、彼をきびしく戒めて、すぐに彼を立ち去らせた。
そのとき彼にこう言われた。
「気をつけて、だれにも何も言わないようにしなさい。
ただ行って、自分を祭司に見せなさい。

そして、人々へのあかしのために、モーセが命じた物をもって、
あなたのきよめの供え物をしなさい。」

ところが、彼は出て行って、この出来事をふれ回り、言い広め始めた。
そのためイエスは表立って町の中に入ることができず、
町はずれの寂しい所におられた。
しかし、人々は、あらゆる所からイエスのもとにやって来た。

  

数日たって、イエスがカペナウムにまた来られると、
家におられることが知れ渡った。

それで多くの人が集まったため、
戸口のところまですきまもないほどになった。
この人たちに、イエスはみことばを話しておられた。

そのとき、ひとりの中風の人が四人の人にかつがれて、
みもとに連れて来られた。

群衆のためにイエスに近づくことができなかったので、
その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、
中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。

イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、
「子よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。

ところが、その場に律法学者が数人すわっていて、
心の中で理屈を言った。
「この人は、なぜ、あんなことを言うのか。
神をけがしているのだ。
神おひとりのほか、だれが罪を赦すことができよう。」

彼らが心の中でこのように理屈を言っているのを、
イエスはすぐにご自分の霊で見抜いて、こう言われた。

「なぜ、あなたがたは心の中でそんな理屈を言っているのか。
中風の人に、『あなたの罪は赦された』と言うのと、
『起きて、寝床をたたんで歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。
人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、
あなたがたに知らせるために。」

こう言ってから、中風の人に、
「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」
と言われた。

すると彼は起き上がり、すぐに床を取り上げて、
みなの見ている前を出て行った。
それでみなの者がすっかり驚いて、
「こういうことは、かつて見たことがない」と言って神をあがめた。

4

・イエスさまは、私たちの人生の「専門家」であり、
私たちのはできないことをすることが出来ます。
イエスさまは重い皮膚病の人も中風の人も癒されました。
私たちも諦めずにイエスさまに期待しましょう。

・しかし、イエスさまは悩みやトラブルを解決してくれる
便利な人ではありません。
イエスさまが皮膚病の人に「誰にも話してはいけない」と言われたのは
なぜでしょうか。
人々が期待するイエスさまと、
イエスさまの本当の姿と役割が違うからです。
イエスさまは私たちが従うべき方です。

・イエスさまが中風の人に「あなたの罪は赦された」と
最初に言われたのはなぜでしょうか。
イエスさまが罪を赦す権威を持っていることを示すためです。
なぜなら、私たちの罪が最も大きな問題であり、
イエスさまは私たちの罪を赦し、
神さまと私たちの関係を回復して下さる方だからです。
この大事なことを知ることが出来ますように。

« 神さまの前に静まる時 | トップページ | イエスさまはあなたを招いておられる »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/46818043

この記事へのトラックバック一覧です: もっと大事なことを知る:

« 神さまの前に静まる時 | トップページ | イエスさまはあなたを招いておられる »