« 柔らかい心であるように | トップページ | 生きる知恵、生きる力 »

2012年9月12日 (水)

聞き上手になろう

◆説教タイトル:「聞き上手になろう」
◆聖書 新約聖書 マルコ4章1~20節

4:1 イエスはまた湖のほとりで教え始められた。
おびただしい数の群衆がみもとに集まった。
それでイエスは湖の上の舟に乗り、そこに腰をおろされ、群衆はみな岸べの陸地にいた。

4:2 イエスはたとえによって多くのことを教えられた。
その教えの中でこう言われた。

4:3 「よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出かけた。

4:4 蒔いているとき、種が道ばたに落ちた。
すると、鳥が来て食べてしまった。

4:5 また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。
土が深くなかったので、すぐに芽を出した。
4:6 しかし日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。

4:7 また、別の種がいばらの中に落ちた。
ところが、いばらが伸びて、それをふさいでしまったので、実を結ばなかった。

4:8 また、別の種が良い地に落ちた。
すると芽ばえ、育って、実を結び、三十倍、六十倍、百倍になった。」

4:9 そしてイエスは言われた。「聞く耳のある者は聞きなさい。」

4:10 さて、イエスだけになったとき、いつもつき従っている人たちが、
十二弟子とともに、これらのたとえのことを尋ねた。

4:11 そこで、イエスは言われた。
「あなたがたには、神の国の奥義が知らされているが、
ほかの人たちには、すべてがたとえで言われるのです。

4:12 それは、『彼らは確かに見るには見るがわからず、
聞くには聞くが悟らず、悔い改めて赦されることのないため。』です。」

4:13 そして彼らにこう言われた。
「このたとえがわからないのですか。
そんなことで、いったいどうしてたとえの理解ができましょう。

4:14 種蒔く人は、みことばを蒔くのです。

4:15 みことばが道ばたに蒔かれるとは、こういう人たちのことです・・
みことばを聞くと、すぐサタンが来て、彼らに蒔かれたみことばを持ち去ってしまうのです。

4:16 同じように、岩地に蒔かれるとは、こういう人たちのことです・・
みことばを聞くと、すぐに喜んで受けるが、
4:17 根を張らないで、ただしばらく続くだけです。
それで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。

4:18 もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです。・・
みことばを聞いてはいるが、
4:19 世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、
みことばをふさぐので、実を結びません。

4:20 良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」

A1180_002773_2

・神さまは私たちを祝福する約束をして下さり、
その約束を守って実現することを願っておられます。
私たちがこのことを経験するためには、神さまのことばを聞くことが大切です。

・イエスさまはたとえで聞き方を教えられました。

①道ばたのような心とは、
高慢や反発心や無関心などでみことばを全く受け入れない状態です。

②岩地のような心とは、
聞いて喜んで受け入れても、
「賛成して受け入れるのはここまで!」という制限がある場合です。

③いばらの中とは、
自分の心配や欲が心の中にあり、神さまのことばを優先できない状態です。

④よい地とは、
これまでの3種類の土地の問題点がなくて、
みことばを聞いて受け入れ忍耐し、みことばを優先する状態です。
その時に収穫があります。

・私たちは、自分の心の態度がよい地のようになるように聖霊の働きを祈り求めましょう。

« 柔らかい心であるように | トップページ | 生きる知恵、生きる力 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/47271395

この記事へのトラックバック一覧です: 聞き上手になろう:

« 柔らかい心であるように | トップページ | 生きる知恵、生きる力 »