« 信じるなら恐れに負けない | トップページ | 損をしても正しく生きることはできるか »

2012年10月31日 (水)

奇蹟はあるか?ないか?

◆説教タイトル:「奇蹟はあるか?ないか?」

◆聖書 新約聖書 マルコ6章1~13節

6:1 イエスはそこを去って、郷里に行かれた。
弟子たちもついて行った。
 
6:2 安息日になったとき、会堂で教え始められた。
 
それを聞いた多くの人々は驚いて言った。
「この人は、こういうことをどこから得たのでしょう。
この人に与えられた知恵や、
この人の手で行なわれるこのような力あるわざはいったい何でしょう。
6:3 この人は大工ではありませんか。
マリヤの子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではありませんか。
その妹たちも、私たちとここに住んでいるではありませんか。」
こうして彼らはイエスにつまずいた。
 
 
6:4 イエスは彼らに言われた。
「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、親族、家族の間だけです。」
 
6:5 それで、そこでは何一つ力あるわざを行なうことができず、
少数の病人に手を置いていやされただけであった。
 
6:6 イエスは彼らの不信仰に驚かれた。
 
それからイエスは、近くの村々を教えて回られた。
 
  
   
6:7 また、十二弟子を呼び、ふたりずつ遣わし始め、
彼らに汚れた霊を追い出す権威をお与えになった。
 
6:8 また、彼らにこう命じられた。
「旅のためには、杖一本のほかは、何も持って行ってはいけません。
パンも、袋も、胴巻きに金も持って行ってはいけません。
6:9 くつは、はきなさい。しかし二枚の下着を着てはいけません。」
 
 
6:10 また、彼らに言われた。
「どこででも一軒の家にはいったら、そこの土地から出て行くまでは、
その家にとどまっていなさい。
6:11 もし、あなたがたを受け入れない場所、
また、あなたがたに聞こうとしない人々なら、
そこから出て行くときに、そこの人々に対する証言として、
足の裏のちりを払い落としなさい。」
 
6:12 こうして十二人が出て行き、悔い改めを説き広め、
6:13 悪霊を多く追い出し、大ぜいの病人に油を塗っていやした。

 

Phpeo011

 
・今日の箇所には、イエスさまが奇蹟を行なうことができなかったと書いてあります。
驚きです。
なぜそうなったのでしょうか。
人々が信じなかったからです。
「イエスのことはよく知っている。そんなイエスを信じることができるものか。」
と思ったからです。
ほんとうにイエスさまを正しく知るならイエスさまに信頼できるはずです。
イエスさまのことはわかっていると思わずに、
もっと知ることができるように祈りましょう。

・続けて読んでいくと、イエスさまの弟子たちは奇蹟を行なうことができました。
それは彼らがイエスさまに従っていたからです。
まだまだ未熟な人たちでしたが、
それでもイエスさまに従っていこうとついてきている人でした。
そういう人は奇蹟を経験できるのです。

・私たちがイエスさまの弟子になるのは、
自分のために奇蹟を経験するためだけではありません。
イエスさまを伝えるイエスさまの証人となるためです。

« 信じるなら恐れに負けない | トップページ | 損をしても正しく生きることはできるか »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/47768446

この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟はあるか?ないか?:

« 信じるなら恐れに負けない | トップページ | 損をしても正しく生きることはできるか »