« 損をしても正しく生きることはできるか | トップページ | サーバント・リーダーシップ »

2012年11月14日 (水)

イエスさまが奇蹟を行なう理由

◆説教タイトル:『イエスさまが奇蹟を行なう理由』
 
◆聖書 新約聖書 マルコ6章30~44節
 
6:30 さて、使徒たちは、イエスのもとに集まって来て、
   自分たちのしたこと、教えたことを残らずイエスに報告した。
 
6:31 そこでイエスは彼らに、
   「さあ、あなたがただけで、寂しい所へ行って、しばらく休みなさい。」と言われた。
   人々の出入りが多くて、ゆっくり食事する時間さえなかったからである。
 
6:32 そこで彼らは、舟に乗って、自分たちだけで寂しい所へ行った。
 
6:33 ところが、多くの人々が、彼らの出て行くのを見、それと気づいて、
   方々の町々からそこへ徒歩で駆けつけ、彼らよりも先に着いてしまった。
 
6:34 イエスは、舟から上がられると、多くの群衆をご覧になった。
   そして彼らが羊飼いのいない羊のようであるのを深くあわれみ、
   いろいろと教え始められた。

 
6:35 そのうち、もう時刻もおそくなったので、
   弟子たちはイエスのところに来て言った。
   「ここはへんぴな所で、もう時刻もおそくなりました。
6:36 みんなを解散させてください。
   そして、近くの部落や村に行って
   何か食べる物をめいめいで買うようにさせてください。」
 
6:37 すると、彼らに答えて言われた。
   「あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」
 
   そこで弟子たちは言った。
   「私たちが出かけて行って、
   二百デナリものパンを買ってあの人たちに食べさせるように、ということでしょうか。」
 
6:38 するとイエスは彼らに言われた。
   「パンはどれぐらいありますか。行って見て来なさい。」
   彼らは確かめて言った。
   「五つです。それと魚が二匹です。」
 
6:39 イエスは、みなを、それぞれ組にして青草の上にすわらせるよう、
   弟子たちにお命じになった。
 
6:40 そこで人々は、百人、五十人と固まって席に着いた。
 
6:41 するとイエスは、五つのパンと二匹の魚を取り、
   天を見上げて祝福を求め、パンを裂き、
   人々に配るように弟子たちに与えられた。
   また、二匹の魚もみなに分けられた。
6:42 人々はみな、食べて満腹した。
6:43 そして、パン切れを十二のかごにいっぱい取り集め、魚の残りも取り集めた。
6:44 パンを食べたのは、男が五千人であった。

Bsnth010

・マルコは、イエスさまの奇蹟を実に多く記しています。
なぜイエスさまは奇蹟をされたのでしょうか。
それはイエスさまは人々の必要を知っておられ、
人々に対して憐れみと愛する心を持っておられたからです。
イエスさまの人々への愛は、
ついには十字架で身代わりとして死なれるところにまで至りました。
私たちが気づかない、
最も深いところにある必要のために十字架にかかられたのです。
 
 
・イエスさまが奇蹟を行なわれた理由のもう一つは、
弟子たちを訓練し育てることでした。
イエスさまは弟子たちに無理難題をふっかけているようです。
でもこれは弟子たちがイエスさまに信頼することを学ぶためでした。
今目の前にあることに制限されず、
すでに祈りが聴かれたかのように行動する、
これが信仰の一つの姿です。
 
 
・私たちもイエスさまにならって、他の人の必要に気づくことができるように。
そしてイエスさまを信じて祈ることができるように、行動できるように。

« 損をしても正しく生きることはできるか | トップページ | サーバント・リーダーシップ »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/47961056

この記事へのトラックバック一覧です: イエスさまが奇蹟を行なう理由:

« 損をしても正しく生きることはできるか | トップページ | サーバント・リーダーシップ »