« イエスさまが大切にしておられること | トップページ | 必ずわかること »

2013年1月 9日 (水)

神さまからの知恵を求めて

◆説教タイトル:「神さまからの知恵を求めて」

◆聖書 新約聖書 マルコ8章1~21節

8:1 そのころ、また大ぜいの人の群れが集まっていたが、
  食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼んで言われた。

8:2 「かわいそうに、この群衆はもう三日間もわたしといっしょにいて、
  食べる物を持っていないのです。
8:3 空腹のまま家に帰らせたら、途中で動けなくなるでしょう。
  それに遠くから来ている人もいます。」

8:4 弟子たちは答えた。
  「こんなへんぴな所で、どこからパンを手に入れて、
  この人たちに十分食べさせることができましょう。」

8:5 すると、イエスは尋ねられた。
  「パンはどれぐらいありますか。」

  弟子たちは、「七つです。」と答えた。

8:6 すると、イエスは群衆に、地面にすわるようにおっしゃった。
  それから、七つのパンを取り、感謝をささげてからそれを裂き、
  人々に配るように弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。

8:7 また、魚が少しばかりあったので、
  そのために感謝をささげてから、これも配るように言われた。

8:8 人々は食べて満腹した。
  そして余りのパン切れを七つのかごに取り集めた。

8:9 人々はおよそ四千人であった。
  それからイエスは、彼らを解散させられた。

8:10 そしてすぐに弟子たちとともに舟に乗り、ダルマヌタ地方へ行かれた。
 
8:11 パリサイ人たちがやって来て、イエスに議論をしかけ、
  天からのしるしを求めた。
  イエスをためそうとしたのである。
 
8:12 イエスは、心の中で深く嘆息して、こう言われた。
  「なぜ、今の時代はしるしを求めるのか。
  まことに、あなたがたに告げます。
  今の時代には、しるしは絶対に与えられません。」
 
8:13 イエスは彼らを離れて、また舟に乗って向こう岸へ行かれた。
 
8:14 弟子たちは、パンを持って来るのを忘れ、
  舟の中には、パンがただ一つしかなかった。
 
8:15 そのとき、イエスは彼らに命じて言われた。
  「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とに十分気をつけなさい。」
  
8:16 そこで弟子たちは、パンを持っていないということで、
  互いに議論し始めた。
 
8:17 それに気づいてイエスは言われた。
  「なぜ、パンがないといって議論しているのですか。
  まだわからないのですか、悟らないのですか。
  心が堅く閉じているのですか。
8:18 目がありながら見えないのですか。
  耳がありながら聞こえないのですか。
  あなたがたは、覚えていないのですか。
 
8:19 わたしが五千人に五つのパンを裂いて上げたとき、
  パン切れを取り集めて、幾つのかごがいっぱいになりましたか。」
  彼らは答えた。「十二です。」
 
8:20 「四千人に七つのパンを裂いて上げたときは、
  パン切れを取り集めて幾つのかごがいっぱいになりましたか。」
  彼らは答えた。「七つです。」
 
8:21 イエスは言われた。「まだ悟らないのですか。」

Phfbr006

・この出来事を書いたマルコは、
なぜ以前にも同じような奇跡があったのに、
パンが増える奇跡を記録したのでしょうか。

マルコは、イエスさまがどれほど人々のことを思い、
人々を愛していたかを伝えたかったのです。
 
イエスさまは私たちの人生のすべての事をカバーして下さる方です。
イエスさまにはそのような力と愛があります。

 
・マルコがこの出来事を書いたもう一つの理由は、
イエスさまの弟子たちが悟るべきことを悟っていなかったことを
伝えたかったからです。
イエスさまは、弟子たちが自分自身の罪の性質と傾向を理解してほしい
と思っていました。
それだけでなく、イエスさまがどなたであるかを悟ってほしいと願っていました。

・私たちにとってもこれは大切なことです。
目に見えるところ表面的なことにとらわれず、
今ここでイエスさまが何を教えておられるのか、
イエスさまはどれほどすばらしい方であるか知る知恵を神さまに求めましょう。

« イエスさまが大切にしておられること | トップページ | 必ずわかること »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/48652600

この記事へのトラックバック一覧です: 神さまからの知恵を求めて:

« イエスさまが大切にしておられること | トップページ | 必ずわかること »