« 神さまからの知恵を求めて | トップページ | イエスさまからの質問 »

2013年1月15日 (火)

必ずわかること

◆説教タイトル:「必ずわかること」

◆聖書 新約聖書 マルコ8章22~26節

彼らはベツサイダに着いた。
すると人々が盲人を連れて来て、彼にさわってくださるよう、
イエスに願った。

イエスは盲人の手を取って村の外に連れて行かれた。
そしてその両目につばきをつけ、
両手を彼に当てて「何か見えるか」と聞かれた。

すると彼は、見えるようになって、
「人が見えます。木のようですが、歩いているのが見えます」と言った。

それから、イエスはもう一度彼の両目に両手を当てられた。
そして、彼が見つめていると、すっかり直り、
すべてのものがはっきり見えるようになった。

そこでイエスは、彼を家に帰し、「村に入って行かないように」と言われた。

Phnfl027

・聖書を読んでいると目に留まることは奇跡です。
イエスさまは、私たちにできないことをして下さる、
これは怠けて無責任になる理由ではなく、私たちの希望の源です。
 
 
・今日読んだ奇跡の不思議なところは、
イエスさまが目が見えない人をわざわざ村の外へ連れ出し、
時間をかけて見えるようにされたことです。
その理由は、奇跡だけで終わらず、
奇跡をして下さったイエスさまを知るためでした。
私たちもイエスさまがどんな方か知ること、信じることが、
実は人生の大切な鍵なのです。
 
 
・「もうイエスさまのことはわかっている」と思う方、
聖書のこと、キリスト教は自分のためになるものだと感じている人もいるでしょう。
でもそれはまだ「人が木のように見えて、歩いているようだ。」
という段階かもしれません。
はっきりわかるようになる経験をしていただきたいと願います。

« 神さまからの知恵を求めて | トップページ | イエスさまからの質問 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/49200948

この記事へのトラックバック一覧です: 必ずわかること:

« 神さまからの知恵を求めて | トップページ | イエスさまからの質問 »