« 必ずわかること | トップページ | セル・セミナー »

2013年1月22日 (火)

イエスさまからの質問

◆説教タイトル:「イエスさまからの質問」

◆聖書 新約聖書 マルコ8章27~33節

それから、イエスは弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々へ出かけられた。
その途中、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。
「人々はわたしをだれだと言っていますか。」

彼らは答えて言った。
「バプテスマのヨハネだと言っています。
エリヤだと言う人も、また預言者のひとりだと言う人もいます。」

するとイエスは、彼らに尋ねられた。
「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

ペテロが答えてイエスに言った。
「あなたは、キリストです。」

するとイエスは、自分のことをだれにも言わないようにと、
彼らを戒められた。

それから、人の子は必ず多くの苦しみを受け、
長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、
三日の後によみがえらなければならないと、
弟子たちに教え始められた。

しかも、はっきりとこの事がらを話された。
するとペテロは、イエスをわきにお連れして、いさめ始めた。

しかし、イエスは振り向いて、弟子たちを見ながら、
ペテロをしかって言われた。
「下がれ。サタン。
あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」

Photo_2

・イエスさまがされた最も重要な質問が
「あなたはわたしを誰だと言うか。」です。
 
イエスさまが誰だと信じているか、
そしてそれをことばではっきりと表現することを
イエスさまは求めておられます。
 
 
・イエスさまはわたしたちの人生を助けて支えてくれる方です。
でも最も大事なことは、
イエスさまが私たちの罪のために苦しまれ殺され、
3日目に復活されたことです。
これを信じて告白することが、イエスさまを信じることです。
 
 
・イエスさまが話されたことに対してペテロは反論を唱え、
イエスさまをたしなめました。
それはペテロなりの勝手な「救い主」の期待とイメージがあったからです。
だからイエスさまはペテロを叱責されました。
私たちが願うことが救いではなく、
神さまが私たちにとって必要だと考えておられることが救いであり、
私たちが神さまに願うべきことなのです。

« 必ずわかること | トップページ | セル・セミナー »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/49201162

この記事へのトラックバック一覧です: イエスさまからの質問:

« 必ずわかること | トップページ | セル・セミナー »