« イエスさまが教えてくれること | トップページ | 誰が一番偉いか »

2013年2月25日 (月)

できるものなら、と言うのか

◆説教タイトル:「できるものなら、と言うのか」

◆聖書 新約聖書 マルコ9章14節~29節

9:14 さて、彼らが、弟子たちのところに帰って来て、見ると、
   その回りに大ぜいの人の群れがおり、
   また、律法学者たちが弟子たちと論じ合っていた。
 
9:15 そしてすぐ、群衆はみな、イエスを見ると驚き、
   走り寄って来て、あいさつをした。
 
9:16 イエスは彼らに、
   「あなたがたは弟子たちと何を議論しているのですか。」と聞かれた。
 
9:17 すると群衆のひとりが、イエスに答えて言った。
   「先生。おしの霊につかれた私の息子を、
   先生のところに連れてまいりました。
9:18 その霊が息子に取りつきますと、所かまわず彼を押し倒します。
   そして彼はあわを吹き、歯ぎしりして、からだをこわばらせてしまいます。
   それでお弟子たちに、霊を追い出してくださるようにお願いしたのですが、
   お弟子たちにはできませんでした。」
 
9:19 イエスは答えて言われた。
   「ああ、不信仰な世だ。
   いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。
   いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。
   その子をわたしのところに連れて来なさい。」
 
9:20 そこで、人々はイエスのところにその子を連れて来た。
   その子がイエスを見ると、霊はすぐに彼をひきつけさせたので、
   彼は地面に倒れ、あわを吹きながら、ころげ回った。
 
9:21 イエスはその子の父親に尋ねられた。
   「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」

   父親は言った。
   「幼い時からです。
9:22 この霊は、彼を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。
   ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」

9:23 するとイエスは言われた。
   「できるものなら、と言うのか。
   信じる者には、どんなことでもできるのです。」
 
9:24 するとすぐに、その子の父は叫んで言った。
   「信じます。不信仰な私をお助けください。」
  
9:25 イエスは、群衆が駆けつけるのをご覧になると、
   汚れた霊をしかって言われた。
   「おしとつんぼの霊。
   わたしが、おまえに命じる。この子から出て行きなさい。
   二度と、はいってはいけない。」
 
9:26 するとその霊は、叫び声をあげ、
   その子を激しくひきつけさせて、出て行った。
   するとその子が死人のようになったので、多くの人々は、
   「この子は死んでしまった。」と言った。
 
9:27 しかし、イエスは、彼の手を取って起こされた。
   するとその子は立ち上がった。
 
9:28 イエスが家にはいられると、弟子たちがそっとイエスに尋ねた。
   「どうしてでしょう。私たちには追い出せなかったのですが。」
 
9:29 すると、イエスは言われた。
   「この種のものは、祈りによらなければ、
   何によっても追い出せるものではありません。」

Pemen024

・人生にはもちろん努力が必要です。
でもそれだけでは足りません。
神さまの奇跡が必要です。
 
・イエスさまがはっきりと教えておられるのは、
奇跡をとどめるものは不信仰だということです。
不信仰は、人間的な考えと議論に陥ってしまいます。
 
・反対に、信仰が奇跡につながります。
イエスさまを信じるとは祈ることです。
私たちは、息子の救いを願う父親のように、何度でも信じ直すことが必要です。
祈りが答えられなかったと思うこともあるかもしれません。
それでももう一度信じるのです。
 
・イエスさまのことばを聞き、
父親は、不信仰な自分を助けて下さいと願いました。
私たちは、問題や課題のために祈ると同時に、
神さまに対して謙遜になって、自分自身のために祈ることをしましょう。

« イエスさまが教えてくれること | トップページ | 誰が一番偉いか »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/50637697

この記事へのトラックバック一覧です: できるものなら、と言うのか:

« イエスさまが教えてくれること | トップページ | 誰が一番偉いか »