« イエスさまの苦しみが私を救う | トップページ | 復活を信じる »

2013年3月27日 (水)

イエスさまの苦しみが私を救う②

◆説教タイトル:「イエスさまの苦しみが私を救う②」

◆聖書 新約聖書 マルコ15章22節~41節

そして、彼らはイエスをゴルゴタの場所
(訳すと、「どくろ」の場所)へ連れて行った。

そして彼らは、没薬を混ぜたぶどう酒をイエスに与えようとしたが、
イエスはお飲みにならなかった。

それから、彼らは、イエスを十字架につけた。
そして、だれが何を取るかをくじ引きで決めたうえで、
イエスの着物を分けた。

彼らがイエスを十字架につけたのは、午前九時であった。

イエスの罪状書きには、「ユダヤ人の王」と書いてあった。

また彼らは、イエスとともにふたりの強盗を、
ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけた。

{こうして『この人は罪人とともに数えられた。』
とある聖書が実現したのである。}

道を行く人々は、頭を振りながらイエスをののしって言った。
「おお、神殿を打ちこわして三日で建てる人よ。

十字架から降りて来て、自分を救ってみろ。」

また、祭司長たちも同じように、律法学者たちといっしょになって、
イエスをあざけって言った。
「他人は救ったが、自分は救えない。

キリスト、イスラエルの王さま。
今、十字架から降りてもらおうか。
われわれは、それを見たら信じるから。」
また、イエスといっしょに十字架につけられた者たちも
イエスをののしった。

さて、十二時になったとき、全地が暗くなって、午後三時まで続いた。

そして、三時に、イエスは大声で、
「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」と叫ばれた。
それは訳すと「わが神、わが神。
どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

そばに立っていた幾人かが、これを聞いて、
「そら、エリヤを呼んでいる」と言った。

すると、ひとりが走って行って、海綿に酸いぶどう酒を含ませ、
それを葦の棒につけて、イエスに飲ませようとしながら言った。
「エリヤがやって来て、彼を降ろすかどうか、
私たちは見ることにしよう。」

それから、イエスは大声をあげて息を引き取られた。

神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた。

イエスの正面に立っていた百人隊長は、
イエスがこのように息を引き取られたのを見て、
「この方はまことに神の子であった」と言った。

また、遠くのほうから見ていた女たちもいた。
その中にマグダラのマリヤと、小ヤコブとヨセの母マリヤと、
またサロメもいた。

イエスがガリラヤにおられたとき、
いつもつき従って仕えていた女たちである。
このほかにも、
イエスといっしょにエルサレムに上って来た女たちがたくさんいた。

Photo_3

・聖書(福音書)を見ると、
イエスさまの十字架と復活の1週間に多くのページを割いています。
でも十字架がどれほど残酷で痛々しいものであるかは
あまり書かれていません。
その代わりに、イエスさまがどれほど人々から理解されず
孤独であったかが表されています。
イエスさまは私たちも経験する孤独の苦しさと痛みを
自ら経験しておられるのです。
だから私たちの心を理解して下さいます。

・イエスさまの苦しみは、
神さまに信頼しながら神さまに捨てられるという苦しみです。
これは誰も経験したことがないものです。
イエスさまは神さまに叫ばれました。
それは私たちの身代わりとして、
本来は私たちが経験する苦しみと叫びを担って下さったのです。
そのおかげで、私たちは、神さまの子どもと認められ、
神さまがいつも一緒におられることを固く確信できるのです、
もし私たちがイエスさまを信じるなら。

« イエスさまの苦しみが私を救う | トップページ | 復活を信じる »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/51282677

この記事へのトラックバック一覧です: イエスさまの苦しみが私を救う②:

« イエスさまの苦しみが私を救う | トップページ | 復活を信じる »