« イエスさまの苦しみが私を救う② | トップページ | 正義と愛 »

2013年4月 3日 (水)

復活を信じる

◆説教タイトル:「復活を信じる」

◆聖書 新約聖書 マルコ16章1節~8節

さて、安息日が終わったので、
マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、
イエスに油を塗りに行こうと思い、香料を買った。

そして、週の初めの日の早朝、日が上ったとき、墓に着いた。

彼女たちは、
「墓の入口からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」
とみなで話し合っていた。

ところが、目を上げて見ると、
あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてあった。

それで、墓の中に入ったところ、
真っ白な長い衣をまとった青年が右側にすわっているのが見えた。
彼女たちは驚いた。

青年は言った。
「驚いてはいけません。
あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを
捜しているのでしょう。
あの方はよみがえられました。
ここにはおられません。
ご覧なさい。
ここがあの方の納められた所です。

ですから行って、お弟子たちとペテロに、
『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。
前に言われたとおり、そこでお会いできます』とそう言いなさい。」

女たちは、墓を出て、そこから逃げ去った。
すっかり震え上がって、気も転倒していたからである。
そしてだれにも何も言わなかった。
恐ろしかったからである。

Photo_4

・イエスさまが復活した日、
弟子たちはイエスさまの死に関することは
考え行動することができました。
でも死の彼方のいのち、復活の事は考えも及びませんでした。
でもイエスさまはご自分の死の先のことを
確かに約束しておられたのです。
私たちは、今生きることに懸命です。
でもやがて死ぬこと、
そして死の彼方にいのちがあることを認めて生きることが大切です。
イエスさまの復活はそれを教えています。

・イエスさまの復活は
今私たちが誠実に正しく生きることの力でもあります。
私たちは今は報われなくても、神さまが報いて下さることを信じて、
今ここで生きるのです。
神さまの報いは、すぐには見えないかもしれません。
でもやがてその時が来ます。
今生きている時でなくても、死の彼方で神さまは報いて下さるのです。
だから私たちはイエスさまを信じて、従います。

« イエスさまの苦しみが私を救う② | トップページ | 正義と愛 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/51282699

この記事へのトラックバック一覧です: 復活を信じる:

« イエスさまの苦しみが私を救う② | トップページ | 正義と愛 »