« 図々しい人にならないように | トップページ | 神さまのものは神さまに »

2013年7月10日 (水)

祈り続ける時に

◆説教タイトル:「祈り続ける時に」

◆聖書 新約聖書 マタイ7章7~11節

求めなさい。そうすれば与えられます。
捜しなさい。そうすれば見つかります。
たたきなさい。そうすれば開かれます。

だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。

あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。

また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。

してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、
自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。
とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、
どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。

0707

・イエスさまがはっきりと教えておられることは、
私たちがあきらめずに祈り続ける時、
神さまがその祈りを聞いてくださるということです。
あきらめないことだけでも大きな違いを生むでしょう。
神さまは私たちを愛して下さるので、
イエスさまを信じることによって私たちを神さまの家族にして下さいます。
家族の声として私たちの祈りを聞いてくださるのです。
だからめげずにあきらめずに祈り続けましょう。

・祈るならまず私たちの考えや思いが広がります。
物事を違うように見ることができるようになります。
それだけではありません。現実に私たちの世界は広がっていくのです。

・祈りの目標は私たちの願いがすべて叶うことではありません。
祈りは神さまの願いがかなうためのものです。
祈ることで私たちは神さまをもっと知り愛することができるようになる、
これを目標にするなら、祈りの壁が打ち破られます。

« 図々しい人にならないように | トップページ | 神さまのものは神さまに »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/52530679

この記事へのトラックバック一覧です: 祈り続ける時に:

« 図々しい人にならないように | トップページ | 神さまのものは神さまに »