« 神さまのものは神さまに | トップページ | 幸せな人生ための一番大切な命令 »

2013年7月31日 (水)

思い違いをしないために

◆説教タイトル:「思い違いをしないために」

◆聖書 新約聖書 マルコ12章18~27節

12:18 また、復活はないと主張していたサドカイ人たちが、
   イエスのところに来て、質問した。

12:19 「先生。モーセは私たちのためにこう書いています。
    『もし、兄が死んで妻をあとに残し、しかも子がないばあいには、
    その弟はその女を妻にして、兄のための子をもうけなければならない。』

12:20 さて、七人の兄弟がいました。
   長男が妻をめとりましたが、子を残さないで死にました。

12:21 そこで次男がその女を妻にしたところ、やはり子を残さずに死にました。
   三男も同様でした。

12:22 こうして、七人とも子を残しませんでした。最後に、女も死にました。

12:23 復活の際、彼らがよみがえるとき、その女はだれの妻なのでしょうか。
   七人ともその女を妻にしたのですが。」

12:24 イエスは彼らに言われた。
   「そんな思い違いをしているのは、
   聖書も神の力も知らないからではありませんか。

12:25 人が死人の中からよみがえるときには、めとることも、とつぐこともなく、
   天の御使いたちのようです。

12:26 それに、死人がよみがえることについては、
   モーセの書にある柴の個所で、神がモーセにどう語られたか、
   あなたがたは読んだことがないのですか。
   『わたしは、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。』とあります。

12:27 神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。
   あなたがたはたいへんな思い違いをしています。」

0728

・サドカイ人というグループの人たちは、聖書を信じ神さまを信じているのに、
イエスさまから「思い違いをしている」と言われました。
それは彼らが自分たちが受け入れることができる部分だけ受け入れ、
自分たちを超えた神さまの力を期待していなかったからです。

・聖書全体を神さまのことばとして受け入れ、従うことが大切なことです。
復活も死後のいのちもわかりにくいことかもしれません。
しかし、神さまのことばとして信じるなら、今ここで生きているだけの人生ではなく、
さらに大きく広い人生を生きることができます。
しかも神さまに愛されていることを確信して。

・神さまの力を経験すること、これは祈ることによって実現します。
そうするなら、「問題があってもそれは変わっていくものだ」と
希望をもっていくことができます。

« 神さまのものは神さまに | トップページ | 幸せな人生ための一番大切な命令 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/53108118

この記事へのトラックバック一覧です: 思い違いをしないために:

« 神さまのものは神さまに | トップページ | 幸せな人生ための一番大切な命令 »