« 洗礼の意味と力を知る | トップページ | イエスさまの後に続く »

2013年10月22日 (火)

イエスさまがして下さったことを忘れない

◆説教タイトル:「イエスさまがして下さったことを忘れない」

◆聖書 新約聖書 マルコ14章12~25節

14:12 種なしパンの祝いの第一日、すなわち、過越の小羊をほふる日に、
  弟子たちはイエスに言った。
 「過越の食事をなさるのに、私たちは、どこへ行って用意をしましょうか。」

14:13 そこで、イエスは、弟子のうちふたりを送って、こう言われた。
 「都に入りなさい。そうすれば、水がめを運んでいる男に会うから、
  その人について行きなさい。

14:14 そして、その人が入って行く家の主人に、
 『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、
  と先生が言っておられる』と言いなさい。

14:15 するとその主人が自分で、席が整って用意のできた二階の広間を
  見せてくれます。そこでわたしたちのために用意をしなさい。」

14:16 弟子たちが出かけて行って、都に入ると、まさしくイエスの言われた
  とおりであった。それで、彼らはそこで過越の食事の用意をした。

14:17 夕方になって、イエスは十二弟子といっしょにそこに来られた。

14:18 そして、みなが席に着いて、食事をしているとき、イエスは言われた。
 「まことに、あなたがたに告げます。
  あなたがたのうちのひとりで、わたしといっしょに食事をしている者が、
  わたしを裏切ります。」

14:19 弟子たちは悲しくなって、
 「まさか私ではないでしょう」とかわるがわるイエスに言いだした。

14:20 イエスは言われた。
 「この十二人の中のひとりで、わたしといっしょに鉢に浸している者です。

14:21 確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。
  しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。
  そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」

14:22 それから、みなが食事をしているとき、イエスはパンを取り、
  祝福して後、これを裂き、彼らに与えて言われた。
 「取りなさい。これはわたしのからだです。」

14:23 また、杯を取り、感謝をささげて後、彼らに与えられた。
  彼らはみなその杯から飲んだ。

14:24 イエスは彼らに言われた。
 「これはわたしの契約の血です。多くの人のために流されるものです。

14:25 まことに、あなたがたに告げます。
  神の国で新しく飲むその日までは、わたしはもはや、
  ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」

・十字架にかかる前日、イエスさまが願いは弟子たちと一緒に
過越のお祭りの食事をすることでした。
なぜならイエスさまは弟子たちと一緒におられることを喜びとしていたからです。
私たちがイエスさまのことを知りイエスさまを信じることは、
何よりもまるで一緒に食事をするような喜びの経験なのです。
私たちの喜びが深まることを祈りましょう。

・過越の食事は、神さまが昔イスラエル人をエジプトの奴隷から解放し、
約束の地へ導いて下さったことを記念するものです。
イエスさまを信じて従う時に一番重要なことは、
イエスさまが私たちのためにして下さったことです。
イエスさまは、十字架で死んで私たちの罪を赦し、復活していのちを与えて下さいました。
これを忘れてはいけません。
なぜなら、イエスさまがして下さったことが、私たちを神さまの子どもとし、
神さまに祈りを聞いてもらえる確信を私たちに与えるからです。
私たちが自分を見る目が変えられたのです。

« 洗礼の意味と力を知る | トップページ | イエスさまの後に続く »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/54490361

この記事へのトラックバック一覧です: イエスさまがして下さったことを忘れない:

« 洗礼の意味と力を知る | トップページ | イエスさまの後に続く »