« プライドが打ち砕かれた後にあるもの | トップページ | プライドを超えたキリストの愛 »

2013年11月26日 (火)

十字架の原因

◆説教タイトル:「十字架の原因」
◆聖書 新約聖書 マルコ15章1~15節

15: 1 夜が明けるとすぐに、祭司長たちをはじめ、長老、律法学者たちと、
  全議会とは協議をこらしたすえ、イエスを縛って連れ出し
  ピラトに引き渡した。

15: 2 ピラトはイエスに尋ねた。「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」
  イエスは答えて言われた。「そのとおりです。」

15: 3 そこで、祭司長たちはイエスをきびしく訴えた。

15: 4 ピラトはもう一度イエスに尋ねて言った。
 「何も答えないのですか。見なさい。
  彼らはあんなにまであなたを訴えているのです。」

15: 5 それでも、イエスは何もお答えにならなかった。それにはピラトも驚いた。

15: 6 ところでピラトは、その祭りには、
  人々の願う囚人をひとりだけ赦免するのを例としていた。

15: 7 たまたま、バラバという者がいて、
  暴動のとき人殺しをした暴徒たちといっしょに牢に入っていた。

15: 8 それで、群衆は進んで行って、いつものようにしてもらうことを、
  ピラトに要求し始めた。

15: 9 そこでピラトは、彼らに答えて、
 「このユダヤ人の王を釈放してくれというのか」と言った。

15:10 ピラトは、祭司長たちが、ねたみからイエスを引き渡したことに、
  気づいていたからである。

15:11 しかし、祭司長たちは群衆を扇動して、
  むしろバラバを釈放してもらいたいと言わせた。

15:12 そこで、ピラトはもう一度答えて、
 「ではいったい、あなたがたがユダヤ人の王と呼んでいるあの人を、
  私にどうせよというのか」と言った。

15:13 すると彼らはまたも「十字架につけろ」と叫んだ。

15:14 だが、ピラトは彼らに、「あの人がどんな悪い事をしたというのか」と言った。
  しかし、彼らはますます激しく「十字架につけろ」と叫んだ。

15:15 それで、ピラトは群衆のきげんをとろうと思い、バラバを釈放した。
  そして、イエスをむち打って後、十字架につけるようにと引き渡した。

・イエスさまの十字架の原因は、当時の指導者たちのねたみです。
ねたみは必ず表に現われます。
それに気づかないようにしても、私たちの動機の深いところにあり、
人を傷つけるものになります。
現に、ねたみがイエスさまを十字架につけたのです。
私たちにもねたみの心があります。

・イエスさまの十字架の原因のもう一つは、
人からの評価を気にして正しさを曲げてしまう心です。
ローマ総督ピラトがまさしくそうでした。私たちにも同じ心があります。

・これら以上にイエスさまが十字架の道を選ばれた原因、理由は、
イエスさまの私たちへの愛です。
イエスさまは否応なく、抵抗できないままに十字架で死なれたのではありません。
私たちを愛し救うために境界線を越えてこの世界に来て下さり、
身代わりとなって私たちを救って下さったのです。
ここにクリスマスの喜びとお祝いの理由があります。

« プライドが打ち砕かれた後にあるもの | トップページ | プライドを超えたキリストの愛 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/54502744

この記事へのトラックバック一覧です: 十字架の原因:

« プライドが打ち砕かれた後にあるもの | トップページ | プライドを超えたキリストの愛 »