« 第一のことを第一に | トップページ | 十字架の原因 »

2013年11月19日 (火)

プライドが打ち砕かれた後にあるもの

◆説教タイトル:「プライドが打ち砕かれた後にあるもの」

◆聖書 新約聖書 マルコ14章66~72節


14:66 ペテロが下の庭にいると、大祭司の女中のひとりが来て、

14:67 ペテロが火にあたっているのを見かけ、彼をじっと見つめて、言った。
  「あなたも、あのナザレ人、あのイエスといっしょにいましたね。」

14:68 しかし、ペテロはそれを打ち消して、
  「何を言っているのか、わからない。
    見当もつかない」と言って、出口のほうへと出て行った。
  {すると、鶏が鳴いた。}

14:69 すると女中は、ペテロを見て、そばに立っていた人たちに、
    また、「この人はあの仲間です」と言いだした。

14:70 しかし、ペテロは再び打ち消した。
    しばらくすると、そばに立っていたその人たちが、またペテロに言った。
  「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」

14:71 しかし、彼はのろいをかけて誓い始め、
  「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言った。

14:72 するとすぐに、鶏が、二度目に鳴いた。そこでペテロは、
  「鶏が二度鳴く前に、あなたは、わたしを知らないと三度言います」 
    というイエスのおことばを思い出した。
    それに思い当たったとき、彼は泣き出した。

・ペテロは、最後までイエスさまについていく自信をもっていましたが、
実際はイエスさまを知らないと3度も言いました。
ペテロは自分で自分の姿を知らないでいたのです。

・でもイエスさまは、ペテロの罪も弱さもすべてをご存知でした。
そしてペテロを受け入れ、ペテロを愛し、ペテロに期待しておられたのです。

・やがてペテロは、よみがえったイエスさまに再会しました。
プライドを打ち砕かれたペテロがしたことは、
もう一度イエスさまに従う決心をし、祈ることでした。
だからペテロは、任された務めを立派に果たすことができたのです。

« 第一のことを第一に | トップページ | 十字架の原因 »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/54502630

この記事へのトラックバック一覧です: プライドが打ち砕かれた後にあるもの:

« 第一のことを第一に | トップページ | 十字架の原因 »