« 祈りをやめずに | トップページ | イースターの意味① 挫折から立ち上がる »

2014年3月18日 (火)

聞くために祈る

◆説教タイトル:「聞くために祈る」

◆聖書 旧約聖書 ヨシュア記5章13~15節

5:13 さて、ヨシュアがエリコの近くにいたとき、彼が目を上げて見ると
 見よ、ひとりの人が抜き身の剣を手に持って、彼の前方に立っていた。
 ヨシュアはその人のところへ行って、言った。
 「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

5:14 すると彼は言った。「いや、わたしは主の軍の将として、今、来たのだ。」
 そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。
 「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」

5:15 すると、主の軍の将はヨシュアに言った。
 「あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」
 そこで、ヨシュアはそのようにした。

・ヨシュアはイスラエルの新しい指導者として難題を前にしていました。
そのヨシュアに、神さまはご自分が主であることを教えられました。
ヨシュアはそのことを認めて、自分が神さまに従う者であることを認めて、
神さまのことばを聞こうとしたのです。

・私たちは自分の願いがかなうことを期待して祈ります。でもそれだけでなく、
神さまが自分たちの人生の中心、基準であることを認めて、
自分は神さまに従うのだと認めて、祈る必要があります。
それは神さまが語って教えて下さることを期待して祈ることです。
神さまはご自分がどのような神さまであるか教えてくれます。これが大切です。

・イエスさまによって救われて神さまの約束が与えられていることを信じましょう。
そうすると、神さまがまた語って下さいます。
そうすると私たちは行動することができます。

« 祈りをやめずに | トップページ | イースターの意味① 挫折から立ち上がる »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/55862425

この記事へのトラックバック一覧です: 聞くために祈る:

« 祈りをやめずに | トップページ | イースターの意味① 挫折から立ち上がる »