« アロマ教室 リース作り | トップページ | クリスマスの季節ーー喜びの知らせを伝える »

2015年11月25日 (水)

どんなことにも意味を見出す

2015年11月22日礼拝説教

◆聖書:新約聖書 ヨハネ11章1~5節

john 11: 1
さて、ある人が病気にかかっていた。ラザロといって、マリヤとその姉妹マルタとの村の出で、ベタニヤの人であった。
john 11: 2
このマリヤは、主に香油を塗り、髪の毛でその足をぬぐったマリヤであって、彼女の兄弟ラザロが病んでいたのである。
john 11: 3
そこで姉妹たちは、イエスのところに使いを送って、言った。「主よ。ご覧ください。あなたが愛しておられる者が病気です。」
john 11: 4
イエスはこれを聞いて、言われた。「この病気は死で終わるだけのものではなく、神の栄光のためのものです。神の子がそれによって栄光を受けるためです。」
john 11: 5
イエスはマルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた。


◆説教タイトル:「どんなことにも意味を見出す」

・イエスさまと親しかったラザロが病気になり、間もなく亡くなってしまいました。彼の姉であるマルタとマリヤは失望していました。でもイエスさまは、この出来事に意味があることを見ぬいておられました。その意味とは、神さまのすばらしさが現わされ、人々がイエスさまを信じるようになることでした。私たちも、生活のどんなことでも、その出来事は神さまを知る機会として意味があると期待しましょう。

・人生に意味を見出すとは、積極的で前向きな考え方だけを指しているのではありません。神さまがおられ、神さまが奇跡をされるから、神さまが私たちを愛して下さっているから、どんなことにも意味を見出すのです。イエスさまの十字架と、聖書のことばと、聖霊が、私たちに神さまを知ることへの期待を生み出してくれるのです。

« アロマ教室 リース作り | トップページ | クリスマスの季節ーー喜びの知らせを伝える »

メッセージメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586784/62677504

この記事へのトラックバック一覧です: どんなことにも意味を見出す:

« アロマ教室 リース作り | トップページ | クリスマスの季節ーー喜びの知らせを伝える »