« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

契約によって確信をもつ

2016年1月10日の説教


◆聖書:新約聖書 コリント第一11章23~26節 

1cor 11:23
私は主から受けたことを、あなたがたに伝えたのです。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンを取り、
1cor 11:24
感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行ないなさい。」
1cor 11:25
夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」
1cor 11:26
ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。

◆説教タイトル:「契約によって確信をもつ」

・神さまは、私たちを救って祝福する契約を結んで下さいます。この契約は一般的な契約と違い、神さまが恵みとして与えて下さったもので、決して無効になることがありません。神さまは、私たちが神さまの恵みを確信できるように契約を結んで下さっているのです。

・この契約は、イエスさまが十字架で流された血によって結ばれました。人はそれまでは繰り返し動物を犠牲としてささげなければいけませんでした。でもイエスさまが完全な犠牲となって下さったので、イエスさまを信じるなら、神さまが私たちのために契約を守って祝福して下さると期待できるようになったのです。

・この契約は新しい契約です。石の板に書かれたものではなく、聖霊によって私たちの心に書かれたものです。私たちは、聖霊に助けられて契約を思い起こしながら、神さまの恵みによって生きるのです。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »