おすすめ

2012年10月 1日 (月)

終末を生きる信仰

Phisr003

聖書を知れば知るほど
私たちは今なんてすごい時代に生かされているんだろうと
驚きを隠せなくなります。

みなさんは聖書の預言が今現在、成就していることをご存知でしたか?

私たちの教会では先日
講師にスティーブンス栄子師
(スティーブンス栄子ミニストリーズ代表)をお迎えして、
聖書が教えている終末について学ぶ機会を与えていただきました。

特にマタイ24章と、聖書から見る現代の世界情勢を内容として
わかりやすく解き明かしていただき
これぞ『目からうろこ』の体験をさせていただきました。

本当に栄子先生をはじめスタッフのみなさんに感謝します。
そして、歴史をご支配されている神さまの偉大さを心から賛美します。

今回のセミナーを聞き逃しちゃったという人にもおすすめなのが。。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

スティーブンス栄子ミニストリーズ・オメガバイブルスタディー

http://omegastudy.jp/

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このサイトで栄子先生からの音声メーッセージが聞けるようになっているので
是非、聞いてみてくださいね!

あなたにも『目からうろこ』は間違いなしです♪

2012年5月31日 (木)

あなたの賜物が輝く5つのステップ

51ke0kjiiel_ss500_1_2

引き続き、新着図書のご紹介です。

『あなたの賜物が輝く5つのステップ』(リック・ウォレン著)

「神の意図された自分自身と出会うために、
生きがいと喜びにあふれて奉仕するために、
自分の可能性を最大限に発揮して仕えるために。」(紹介文より)

著者は、世界的大ベストセラーにもなった
『人生を導く5つの目的』のリック・ウォレンです。

「米国で最も影響力のある霊的指導者」として知られていています。

どちらも必見です!!!

2012年5月26日 (土)

最初の伝道メッセージ

そこで、ペテロは十一人とともに立って、声を張り上げ、
人々にはっきりとこう言った。

「ユダヤの人々、ならびにエルサレムに住むすべての人々。
あなたがたに知っていただきたいことがあります。
どうか、私のことばに耳を貸してください。
今は朝の九時ですから、
あなたがたの思っているようにこの人たちは酔っているのではありません。
これは、預言者ヨエルによって語られた事です。

『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。
その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。
すると、彼らは預言する。

また、わたしは、上は天に不思議なわざを示し、下は地にしるしを示す。
それは、血と火と立ち上る煙である。
主の大いなる輝かしい日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。
しかし、主の名を呼ぶ者は、みな救われる。』

イスラエルの人たち。
このことばを聞いてください。
神はナザレ人イエスによって、
あなたがたの間で力あるわざと不思議としるしを行なわれました。
それらのことによって、神はあなたがたに、この方のあかしをされたのです。
これは、あなたがた自身がご承知のことです。

あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、
不法な者の手によって十字架につけて殺しました。

しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。
この方が死につながれていることなど、ありえないからです。

ダビデはこの方について、こう言っています。

『私はいつも、自分の目の前に主を見ていた。
主は、私が動かされないように、私の右におられるからである。
それゆえ、私の心は楽しみ、私の舌は大いに喜んだ。
さらに私の肉体も望みの中に安らう。
あなたは私のたましいをハデスに捨てて置かず、
あなたの聖者が朽ち果てるのをお許しにならないからである。
あなたは、私にいのちの道を知らせ、御顔を示して、
私を喜びで満たしてくださる。』

兄弟たち。
父祖ダビデについては、私はあなたがたに、
確信をもって言うことができます。
彼は死んで葬られ、その墓は今日まで私たちのところにあります。
彼は預言者でしたから、

神が彼の子孫のひとりを彼の王位に着かせると誓って言われたことを
知っていたのです。

それで後のことを予見して、キリストの復活について、
『彼はハデスに捨てて置かれず、その肉体は朽ち果てない』と語ったのです。

神はこのイエスをよみがえらせました。
私たちはみな、そのことの証人です。

ですから、神の右に上げられたイエスが、
御父から約束された聖霊を受けて、
今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。

ダビデは天に上ったわけではありません。
彼は自分でこう言っています。

『主は私の主に言われた。
わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは
わたしの右の座に着いていなさい。』

ですから、イスラエルのすべての人々は、
このことをはっきりと知らなければなりません。

すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、
あなたがたは十字架につけたのです。」

人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、
「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか」と言った。

そこでペテロは彼らに答えた。
「悔い改めなさい。
そして、それぞれ罪を赦していただくために、
イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。
そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。

なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、
ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、
私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、
「この曲がった時代から救われなさい」と言って彼らに勧めた。

そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。
その日、三千人ほどが弟子に加えられた。
そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、
交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。

そして、一同の心に恐れが生じ、
使徒たちによって多くの不思議としるしが行なわれた。

信者となった者たちはみないっしょにいて、
いっさいの物を共有にしていた。

そして、資産や持ち物を売っては、
それぞれの必要に応じて、みなに分配していた。

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、
家でパンを裂き、
喜びと真心をもって食事をともにし、
神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。
主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。
(使徒2:14~47)

Cehea129

古くて新しい神の愛のメッセージ
イエス・キリストの福音を一人でも多くの人に伝えたい。

神さまに近づくには、どんなに頑張っても
神さまが決められた方法でしか近づくことは出来ないんです。

罪人である私たちが神さまに近づく方法
それは
イエス・キリストを通してのみ

排他的と非難されるかもしれないけど
たくさんの選択肢があるのではなくて、
これが神さまが決められた唯一の方法なんです。

私たちの罪の代価はイエス・キリストによってすべて支払われました。
ここに私たちの希望があります。

神さまは今日もあなたを招いておられます。
勇気を出して一歩踏み出してみてください。
イエス・キリストに信頼し心に平安を得る最高に祝福された歩みを
あなたにも味わって欲しい。。。

神さまの愛、受け取ってください!!!
お祈りしています。

2012年5月23日 (水)

ティーンズのための命のことがわかる本

S603861

教会に新着図書が入りました。

『ティーンズのための命のことがわかる本』(永原郁子著)

助産師でつくる性教育グル-プ・いのち語り隊の
「いのちの授業」が10代向けに一冊の本になりました。
誕生のしくみ、人を好きになること、セックスのこと、
愛するとは、結婚とは。。。。
中高生自身が性について学びながら、
生きること、愛することまでを考えていけるように手助けする一冊です。

著者はテレビ「情熱大陸」で紹介されたクリスチャンの助産師です。

情熱大陸の映像がアップされていたのでこちらでも紹介します。
http://www.veoh.com/watch/v14167744hjpTNx9t

いのちの尊さを、
そして引き継いでいるいのちのバトンを
しっかり次の世代に手渡す助けになると思います。

みなさんも是非、手にとってみてくださいね♪

2012年5月11日 (金)

祈れば、No Problem!

Phnss040

今月の雰囲気は『祈れば、No Problem!』

神さまは、私たちの祈りに応えてくださるお方です。

祈りは、神さまとの対話です。
神さまはあなたと語り合いたいと思って下さっています。

そして祈りにはとーっても力があります。
祈るなら問題を乗り越えていくことが出来ます。

祈りを難しく考えないで
シンプルな祈りから始め
祈る習慣を身に付けましょう♪

必ずあなたの思い、考え、行動が
神さまによって変えられていくことを経験するでしょう♪

(楽しみーっ!!!)

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって
神があなたがたに望んでおられることです。
(Ⅰテサロニケ5:16~18)

2012年4月17日 (火)

second second

英単語の豆知識。。。

 

名詞second

1.秒、時間の単位の一つ。
日常的には、1時間を60分割した単位「分」を、さらに60分割した単位。
1時間=60分=3600秒。

2.秒、角度の単位の一つ。
1度を60分割した単位「分」を、さらに60分割した単位。
1度=60分=3600秒。

3.ほんのわずかな時間。

  

形容詞second

1.(序数)第二の、二番目の

2.次の。

A1180_001700

毎日の生活の中で、さまざまな事が起こります。

私たちの心の中に思い浮かぶことは
いつもポジティブなことや建設的なことばかりではないかもしれません。

むしろ、とっさに出てくるものはその逆が多いのではないでしょうか?

でも私たちにとって一番大事なことは
次の瞬間に何を選び取るかです。

私たちには、
復活され今も生きておられるイエスさまが
一緒にいてくださいます。

だから大丈夫!!

みなさんの心が今日もイエスさまの平安で満ちますようにお祈りしています。

2012年4月13日 (金)

第11回英会話クラス

Ilm14_bl04007s1

これまで3年間、講師を務めてくれたジェイクが
ビザ取得により
引き続きクラスで教えてくれることになりました!

下記の時間帯でクラスをしています。
いつからでも参加していただけます。
まずは体験受講へどうぞ♪
ご連絡下さい。

・火曜日午後5時~6時30分 【中高校生クラス】
・火曜日午後8時~9時30分 【一般クラス】 
・木曜日午後2時30分~4時 【一般クラス】
・木曜日午後4時30分~5時15分【小学生クラス】  
・木曜日午後8時~9時30分 【一般クラス】 
・土曜日午前10時30分~12時【一般クラス】 
・土曜日午後7時30分~9時【初級クラス】 

月謝は大人5,000円、学生4,500円、小学生3,000円です。

アッセンブリー大津キリスト教会

〒520-0802 
大津市馬場3-14-11  
℡・FAX 077-535-1885
HP http://www.eonet.ne.jp/~aocc-otsu-church/index.htm   
Email inoguchi@v004.vaio.ne.jp 

 

2012年3月21日 (水)

3月22日(木)は『普段着のキリスト教』

●たらちね日本 感学講座:講座【普段着のキリスト教】を開催します。

日 時:第2回 2012年3月22日(木) 18時~20時

会 場:四条京町屋2階 (京都市下京区四条通西洞院東入ル)

℡075-255-0801 http://shijo-kyomachiya.jp/

受講料:1回 3,000円

私たちの教会の牧師である一郎先生がキリスト教についてお話しいたします。
キリスト教のキーワードをご紹介し、
そこから私たちの生活とキリスト教がどのように関係があるかをお話しいたします。

詳しくは、「たらちね日本」ホームページをご覧ください。
http://tarachine-nippon.com/index.html

189088_169990456384522_169723269744

とっても趣のある素敵な京町屋での開催に
第1回の講座に参加された方々も大満足だったようです。

なにより日本人の持つ一般的なキリスト教に対するイメージを覆す内容に
一般書籍では味わえない生きたキリスト教を体験できるところが大きな魅力です。

第1回を逃した方も一緒に楽しめますので
是非、みなさん足を運んでみてくださいね♪

2012年3月16日 (金)

映画『回復』

Photo_2

聖書の舞台になっているイスラエルの地で
今、実際に起こっていること。
2009年韓国で大ヒットしたドキュメンタリー映画『回復』

日曜日に教会の幾人かでこの映画を見ました。
本当に衝撃の内容に驚きを隠せません。

イスラエルの祝福のため
エルサレムの平和のために心を合わせ祈りましょう。

映画『回復』をYou Tubeでも見つけたので、ここでも紹介します。
是非、イスラエルの現状を知るためにも見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=T5kC47juU-g

2012年3月15日 (木)

それはいつか。。。

マザー・テレサの言葉、第二弾です。
あなたは、いつもどんな考えや思いを心に抱いていますか?

Image5

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

<マザー・テレサ>